母の日の起源は?花の色にも注意!贈り物はサプライズがいい?

お母さんへの感謝の気持ちって普段から思っていても、いざ行動に移そうとすると照れくさくてどうしていいのか迷ってしまいませんか?

母の日となると素直になれるチャンスですし、気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

ここでは、母の日の基本的な詳細情報やプレゼントはお花がいいのかサプライズがいいのか、注意点とともにお伝えしていきますね。



スポンサーリンク

母の日の起源って知ってる?


母の日は、普段からのねぎらいという意味を込めてお母さんに感謝の思いを伝える日ですよね。

現在の日本では毎年5月の第2日曜日が母の日と定められていますが、日本での母の日の始まりは1913年までさかのぼります。

1931年、青山学院で母の日の礼拝が行われ、アメリカのアンナ・ジャービスという人からメッセージが届きます。

女性宣教師たちによる母の日の呼びかけで定着していくことになっていくのでした。

アンナ・ジャービスは1907年5月12日にアメリカで、母を偲んで白いカーネーションを贈った人。

1908年にはアンナに感動した人々により5月10日に集会を開き母の日を祝います。

その後、1914年に母の日はアメリカの記念日になり、5月の第2日曜日に決定。

日本では、1931年に昭和天皇の皇后である香淳皇后の誕生日3月6日を母の日にしたが普及せず。

1937年5月8日には豊島園で森永母の日大会が開催され、1949年にアメリカにならって現在の母の日となったのでした。

ちなみに5月5日のこどもの日は、こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝することと法律で定められているんですよ。

母の日のプレゼントの花は色に注意!


参照:株式会社ミヨシHP

母の日のプレゼントの定番といったらやはりカーネーションでしょう。

知っていましたか?カーネーションは花の色によって花言葉が異なるんですよ。

一般的には、母親が健全の場合は赤いカーネーション、亡くなっている場合には白いカーネーションを贈ります。

それでは、色によってどんな意味が込められているのか見ていきましょう。

まずは赤いカーネーションですが、母の愛・愛を信じるという花言葉があり、母の日には最も適切な花ですね。

そして白いカーネーションには、純粋な愛という花言葉があります。

そのほか、オレンジは恋人を思わせる色とされているので避けたほうが無難とされていて、純粋な愛情・清らかな愛・感動などが花言葉。

黄色の花言葉は、軽蔑・嫉妬・愛情の揺らぎといったネガティブな花言葉は母の日には向かない色になりますので注意しておきましょう。

それでも赤だけでは物足りないという方は、感謝の心・温かな愛情・美しい仕草・女性の愛情などのピンク。

誇り・気品が花言葉の紫のカーネーションなどを選ぶといいかもしれません。

色に関係なくカーネーションには、女性の愛・純粋な愛情などの意味が込められているので、あまり気にせずにプレゼントしてみてはいかがでしょうか。



母の日の贈り物はサプライズがいい?

参照:高島屋HP

母の日にお花ではなく、何かサプライズでお祝いしたいという方もいることでしょう。

母の日の贈り物としてお酒やお茶などを取り扱っているギフトショップを見てみると発見があるかもしれませんよ!?

ドリンク類の他にも、美容グッズや家電製品なども取り扱っていますので、選ぶのに迷ってしまうかもしれませんね。

ただし気を付けたいのは、高価なものだと気を遣わせてしまう可能性があるので、心配な方はお手頃な商品や消耗品を選ぶのがポイントでしょうか。

また、日ごろから家事で忙しいお母さんには、体に優しいハンドクリームなんかを贈ってみると喜んでくれるのでは?

ものではなくサービスをプレゼントするという考え方もありますよね。

普段遠くに出かることがないお母さんには、一緒に旅行をして時間を過ごすのも一つの贈り物でしょう。

小さいお子さんであれば、肩たたきだってうれしいですし、お手伝いでもいいですよね。

お母さん何周年記念という名目でケーキを用意し、サプライズで誕生日のようにお祝いをするサプライズもおすすめですよ。

まとめ

母の日のプレゼントは相手を思う気持ちが大切ですが、気持ちが大きいほど何をしてあげればいいのか迷ってしまうものですよね。

しかし、いつも子供のことを心配してくれているお母さんだからこそ、感謝の気持ちがこもっている贈り物なら何でも喜んでくれるはずです。

何よりも子供が元気で過ごして笑顔を見せてあげることが一番のプレゼントと言えますね。