壇蜜の本名や由来は?経歴がすごい?炎上の宮城県PR動画の内容は?


参照:エンタメウィーク

2010年にグラビアデビューし、近年は女優としても活躍している壇蜜さん。

きわどい衣装でのセクシーなポーズに世の中の男性はメロメロだったのではないでしょうか。

それでは、壇蜜さんの本名や由来、経歴、炎上した宮城県PR動画の内容についてお伝えしていきます。



スポンサーリンク

壇蜜さんの本名や由来は?

壇蜜さんは2009年9月、専門学校に通っている28歳の時に「龍が如く4」のオーディション受けキャバ嬢役に合格し出演。

2010年3月には、「週間SPA!」にプロフィール写真を送りグラビアデビュー。

当時はまだ芸の活動をやっていくことを考えていなかったために、本名の齋藤支靜加(さいとうしずか)で活動していました。

2010年7月にスカウトされたこともあり、本格的に活動することを決意し壇蜜に改名

グラビアを見たリリー・フランキーさんやみうらじゅんさんが話題に取り上げて絶賛するとたちまちグラビアには欠かせない存在に。

芸名の由来は、仏壇の「壇」とお供え物を意味する「蜜」であると本人が語っています。

これは冠婚葬祭を学ぶ専門学校に通っていたことも影響していると考えられますが、「壇」なんとなく納得できますが、「蜜」はエロさを狙ったに違いないですね。

一般的なグラビアアイドルとは別の路線を突き進む決意の表れだったのでしょうね。

2013年4月からの連続ドラマ・お天気お姉さん初主演を果たすと、2013年の半沢直樹や2017年精霊の守り人IIなどの話題作に出演。

NHK連続テレビ小説には2014年花子とアン、2019年まんぷくに出るなど、女優としての認知度も高まっていますね。

年齢を重ねていくにつれグラビアは減っていき女優メインになっていくことが予想されますが、壇蜜さんは何歳になってもきわどい写真を撮っていそうですし期待したいですね。

壇蜜さん経歴がすごい?


参照:NHKクローズアップ現代Twitter

専門学校生時代に葬儀関係を学んでいた壇蜜さんですが、他にも多くの資格持ち、いろんな職を経験しています。

壇蜜さんは、1980年12月3日秋田県横手市生まれ、幼少期に東京へ移住して昭和女子大学付属昭和小学校に入学。

エスカレーター式に中学校・高校と進学し、そのまま昭和女子大学へ進み英語科の教員免許を取得、アメリカに語学留学もしています。

大学卒業後は調理師の専門学校にも通い、調理師免許を取得して和菓子工場で働いたことも。

ホステスとして働いた後、和菓子店の開業を目指しますが、冠婚葬祭の専門学校「日本ヒューマンセレモニー専門学校」に入学。

和菓子店に出資してくれる知人が亡くなったことで考え方が変わり進路を変更、遺体衛生保全士資格を取得し、葬儀場でも働いていたことも。

葬儀場での経験が芸名に活かされてきているわけですが、面接では白いシャツに黒いブラを透けさせたら受かったらしいですね。

ゴルゴ13を読んでいたことから小学生で性に興味を持ち、中学生で「愛人」と呼ばれていたとのことで「壇蜜」というキャラになるのはその頃からすでに決まっていたのかもしれませんね。

壇蜜さんは、日本舞踊板東流師範という一面も持ち、6:4で女性が好きと公言するなど多彩な経歴や発言で注目されています。

様々な経験をしてきたからこそ、女優やタレントとしての今の活動に活かされているでしょうし、もし芸能界をやめても他の分野で充分に活躍できそうですね。



炎上した壇蜜さん出演の宮城県PR動画の内容は?

壇蜜さんと言えば近年で一番話題になったのは、2017年にワイドショーなどで盛り上がりを見せた仙台のキャンペーン動画でしょう。

仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会が制作したその動画は、壇蜜さん主演の「涼・宮城(りょうぐうじょう)の夏」というタイトル。


動画内で壇蜜さんは「いっちゃう」「肉汁とろっとろ」などの単語をセクシーな言い回しで唇のアップとともに発言。

上乗ってもいい?」とカメに聞くと頭が大きくなる演出は炎上することを前提にしていたのでは?と思ってしまうくらいです。

気持ちいいですかー?」「あっという間にいけちゃう」はもはや・・・。

「りょうぐうじょう」が「欲情」に聞こえるなど、全編に渡ってセクシー感丸出しですね。

なぜ秋田県出身で東京都育ちに壇蜜さんが宮城県の仙台市なのかということも気になりますが、それは先祖が仙台藩主に仕えた藩士だったから。

そんな歴史的な経緯もあって壇蜜さんは、「宮城県のためにひと肌脱ぎます」と。

ひと肌脱ぎますが文字通りすぎだったようで、多くの視聴者から批判を受けて大炎上!

数名の女性議員からも抗議を受けてやむなくホームページでの配信を停止。

しかし、アクセス数を増やし、ニュースで取り上げられたこともあり大成功だったことは間違いなく一定の評価を得ていたことも事実なんですよね。

ちょっと気になるとなんでも抗議してあーだこーだ言われる時代になったのが残念でなりませんし、モンスターペアレンツ的ですよね。

今後は、テレビや動画をチェックしている視聴者やBPOなどをチェックする組織も必要になってくるのでは?

まとめ

グラビアでの壇蜜ブームが過ぎ去り、週刊誌などでの露出は減ってきている気がしないでもない壇蜜さんですが、2017年くらいからはドラマや映画に大忙し。

どうしてもセクシーな役や愛人っぽい役が多い印象なので、一切そういった要素がないコミカルな作品も見てみたいです。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする