2019年天皇誕生日はどうなる?代替日ある?2020年以降は?

2019年4月30日に天皇陛下が生前退位をされることで、平成という元号も終わりを迎えます。

4月30日に新元号が発表されることも決まり、平成最後の○○といった言葉もよく聞かれますよね。

現在の皇太子さまが新天皇に即位されますが、天皇誕生日の12月23日はどうなるのでしょうか?

ここでは、2019年天皇誕生日はどうなるのか、代替え日や2020年以降はどう変わるのか見ていきます。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓





スポンサーリンク

2019年天皇誕生日はどうなる?

2月1日に国立天文台が2019年の祝日を発表、2019年は天皇誕生日の休みがなくなってしまいました

天皇誕生日が祝日とならないのは、1948年の祝日法が制定されて以来はじめての極めて珍しいこと。

平成での天皇誕生日は12月23日となっていますが、4月30日に退位となるため2019年は天皇誕生日と呼ばれることはなくなってしまします。

新天皇となる皇太子さまは、2月23日が誕生日のため2019年の誕生日はすでに過ぎています。

そのため、新天皇の誕生日は2020年から祝日になることが濃厚となっているのです。

たまたま新旧天皇の誕生日の間に退位と即位が行われるため、2019年は天皇誕生日が存在しない珍しい年に。

新元号も発表されていない段階(発表は4月1日)なので実感が湧きにくいかもしれませんが、きっと12月になったらプチショックになるのでしょうね。

2019年天皇誕生日の代替え日はある?

それでは、天皇誕生日だった12月23日の代わりに祝日になる日はあるのでしょうか?

1年の休日・祝日の日数が減ってしまうこともあり、5月1日の即位の日を2019年限定で祝日にすることが検討されました。

そして、即位の日の5月1日が祝日になることが決定すると、祝日法より祝日と祝日にはさまれた平日も休日になり、10連休のゴールデンウィークとなりました。

どんな過ごし方をするのか、すでに計画を立てている方も多いことでしょう。

一方で、2019年は12月23日は月曜日なので通常なら3連休となりますが、普通の2連休になってしまうんです。

前半に10連休を楽しむ代わりに年末我慢することになりますので、今のうちから知っておいてがっかりしないように心の準備をしておきたいですね。



天皇誕生日は2020年以降どうなる?

2019年の12月23日が平日に変更されることが決まりましたが、2020年以降はどうなっていくのでしょうか?

明治天皇以降の天皇の誕生日は、現在の祝日に制定されることが多く、平成天皇となる今上天皇の誕生日も休みになることが期待されますよね。

過去の天皇誕生日と祝日の関係

明治天皇:11月3日(文化の日)
大正天皇:8月31日(平日)
昭和天皇:4月29日(昭和の日)
今上天皇:12月23日(平日)
新天皇(皇太子):2月23日(天皇誕生日)

大正天皇は約15年と期間が短かったため、天皇誕生日を祝祭日として残そうという運動が起こらなかったために制定とはならなかったとされています。

現天皇は平成31年の途中までと大正天皇の2倍の期間在位していますが、生前退位ということもあり当面は祝日とはならない予定。

ただし、菅官房長官が「皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするのかについては、国民各層の幅広い議論が必要だと思う」と発言。

今後も注目の議論となることは間違いなし。

近代では戦争を在位に経験しない最初の天皇であり、まさに平和の象徴として国民に寄り添ってこられた今上天皇、今後は祝日に向けて声があがることが濃厚なので「平成の日」となるでしょうね。

まとめ

2019年は天皇が変わり新元号となる記念すべき1年となります。

さらに、ゴールデンウィーク10連休も大きな話題となりますが、12月23日の天皇誕生日がなくなるという年に。

まずは、4月1日に発表される新元号がどんなものになるのかも楽しみですね。