プレミアムフライデーとは何だったのか!実績と失敗の原因は何?


参照:プレミアムフライデーHP

2017年2月24日から突如として始まったプレミアムフライデー。

月末の金曜日には15時に仕事を終えて、アフタースリーを有効に楽しく過ごそう!という取り組みでしたよね。

実際に取り入れている企業はどれだけいるのでしょうか?そもそも現実的で実績はどのようなものだったのでしょう。



スポンサーリンク

プレミアムフライデーとは何だったのか!

プレミアムフライデーは、経済産業省や経済団体連合会を中心に進められた個人消費の喚起キャンペーン。

月末の金曜日15:00以降は買い物や飲食、旅行などに充ててほしいとの考えからできたものです。

政府が考える働き方改革に関連するキャンペーンとして打ち出したものの、継続して行っているところってあるのでしょか?

月末の金曜日は給料を支給さやすいということもあり、理にかなっている気はしますが、その分のしわ寄せが翌週の月曜日に来ちゃいますよね。

翌週には残業が増えるかもしれませんし、金曜日までにやらなくてはいけない業務はどうしたらいいの?って話になっちゃいます。

月曜日に残業したくない場合や、クライアントへの提出期限が月曜日までの資料を作成している場合、休日出勤すればいいって考えなのでしょうか。

特に12月や3月は締めの月に該当するでしょうし、だからといって金曜日だけ出勤時間を早められても嫌ですよね。

政府は国民のことを思って計画したのだと思いますが、決めている方たちのなかに会社勤めの日常を理解している方がどれだけいるのでしょうか。

世の中全ての勤め先が17:00で終わったり土日が休みだったりする訳じゃないんですよね。

シャイニングマンデーに関する記事も合わせてどうぞ↓

プレミアムフライデーの実績!

では、実際にプレミアムフライデーがどれだけの実績を得ることができたのか。

TSUTAYAを事業としているカルチュア・コンビニエンス・クラブによると、導入すると答えた企業はなんと3.4%という結果に。

大阪シティ信用金庫の調査では実施した中小企業は2.4%、運送業に関してはほぼ行っていないとのこと。

経済産業省が発表した開始から1年後の調査結果は、11.2%とこれまた低く、大企業16.4%・中小企業10.2%・・・。

初回が実施された翌月は3月だったこともあり、さすがに早く退社することが難しく1週目の金曜日にしてほしいとの声も。

90%を超える認知度であることを考えると、圧倒的に実施できていないことが分かりますよね。

今後も継続してキャンペーンを実施するようなのですが、最初の数回以降全くと言っていいほど聞かなくなった時点で失敗は決定的でしょう。



プレミアムフライデーの失敗の原因は何?

不況と言われる時代に、お金を使って経済に潤いをもたらすことをどれだけの人に理解してもらえるのか。

自分の仕事を切り上げて、翌週残業が決定してまで遊びに行くことを良しとしている人がどれだけいるのか。

早く退社しても食事や飲みに行かない可能性もありますし、会社の同僚や上司と行くとあれば苦手な人も多いですよね。

楽しく豊かに過ごすはずのプレミアムフライデーがきっかけでストレス過多になったら元も子もないですよ。

今までよりもプラスで遊ぶ分の給料が出るのであれば金を使うかもしれませんが、ただ消費してって言われても賛同できるのでしょうか。

このキャンペーンは、政治家・官僚と一般人とのギャップが浮き彫りになった最たる例のような気がします。

2018年には公に実施を促すものではないものの、月曜日の午前中を休みにするシャイニングマンデーという言葉まで出てきて迷走している感が否めません。

まとめ

2017年2月から始まったプレミアムフライデーでしたが、初回だけ話題になってその後は一切話題にならないものになりました。

いったいプレミアムフライデーとは何だったのか。

救いは、法律ではないので強制じゃないということだけではないでしょうか。