東京喰種2・映画続編はいつ公開?キャストやネタバレに前作評価は?


参照:東京喰種2公式HP

2017年に実写化された東京喰種が2019年に続編を公開することが決まりました!

人気漫画である東京喰種シリーズの実写ということで、再現性やクオリティが心配されましたが覆しての大好評。

続編が待たれていましたが、ヒロイン役の清水富美加さんの芸能界引退のよって難しいと思われていたんですよね。

ここでは、東京喰種2・映画続編はいつ公開か、キャストやネタバレに前作評価をお伝えします。



スポンサーリンク

東京喰種(トーキョーグール)2・映画続編はいつ公開?キャストは?


参照:東京喰種公式HP

東京喰種の映画続編となる「東京喰種トーキョーグール2」は2019年7月19日(金)に公開することが決定!

主人公のカネキ(金木研)を演じるのは前作に引き続き窪田正孝さん。

窪田正孝【金木研(カネキ ケン)役】
金木と再会できて幸せに思います。スイ先生の東京喰種は新たな感性や感覚、出会いを与えてくれました。金木は正直扱い辛くやっかいな奴だけど、人には決して感じ得ない世界を魅せてくれます。新たな東京喰種の「一肉片」の作成に精進して参ります。

そして注目のヒロインの喰種・トーカ(霧嶋董香)役は山本舞香さんに決まりました。

山本舞香【霧嶋董香(キリシマ トーカ)役】
参加出来てとても嬉しいです。今回、「東京喰種トーキョーグール2(仮)」からの参加ですが、世界観を大切にしつつ霧嶋董香として皆様の期待に応えられるよう、そして愛されるように監督とセッションしながら撮影できたらと思いますので見守っていただけると嬉しいです。アクションも凄く楽しみでしっかりと練習して臨めたらと思っています。そして、東京喰種のチームの皆様と少しでも早く溶け込めたらなと思ってます。宜しくお願いします。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

前作の清水富美加さんが突然芸能界を引退してしまったので、誰が後任となるのかちょっとした議論がネット上でも展開されていたんですよね。

↑前作のトーカ役・清水富美加さん

良い演技する方だったんですけど残念ですね。

さらに、東京喰種2のゲストとなる月山習役には松田翔太さんが抜擢されましたよ。

松田翔太【月山習(ツキヤマシュウ)役】
東京喰種の異様な世界にこれから浸れることを嬉しく思います。監督を始めとするスタッフの仲間や、窪田くんを中心にキャストの皆さんと、この撮影を楽しめたらなと思っております。月山が具現化するとどうなるのか、巧妙なCGや本格的なアクションも含め彼の独特な精神性を表現できたらなと思っております。撮影開始が待ち遠しいですね。

他、前作から変わらずに出演する主なキャストはこちら↓

坂東巳之助【ウタ役】コメント
前作に引き続きウタを勤めさせていただき、光栄に思います。凝りに凝ったタトゥーもピアスも健在、前回はおやつだった美味しい目玉は今回おつまみになりました。徐々に、しかし確実に動き(蠢き?) 始めていくウタさんに是非ご注目ください。

鈴木伸之【亜門鋼太朗 役】コメント
前作に引き続き、本作にも出演させていただきとても嬉しいです!
僕は、今回も亜門鋼太朗を演じています。世界的にも読まれている原作と前作に引けを取らない壮大な世界観を改めて楽しみに見て頂けたらと思います。

桜田ひより【笛口雛実 役】コメント
前作に続いて、笛口雛実役として出演させて頂きます。雛実としてこの作品に呼んでいただけたことがとても嬉しく、ワクワクしながら現場に向かっていました。悲しい出来事を乗り越え、少しだけ大人になった雛実に再び出会えたこと、演じられたことは夢のような時間でした。

小笠原海/超特急【永近英良 役】コメント
再びヒデとして東京喰種の世界に帰ってくることができて原作の大ファンとして心から幸せな時間でした!あの現場の熱量を毎回楽しみにしており、今でも恋しく思います。ヒデという人物が親友カネキにとっての柱、そしてそっと寄り添える光であれるように、という気持ちで演じさせていただきました。今作では勝手にカネキと月山さんとで三角関係だと思っていました…(笑)前作よりもクレッシェンドしている喰種の世界を皆様に堪能してもらえることを楽しみにしています。

白石隼也【西尾錦 役】コメント
何とか生還することが出来ました。彼は不死身なのです。実写でグールをやる意味は何か、改めて正対し撮影に挑みました。続・東京喰種ではなく新・東京喰種をお楽しみに。

東京喰種1公開すぐの土日の興行収入は約2億3,200万円でランキング5位、公開2週目にはベスト10を下回っていました。

もともと興行収入30億円を目指していましたが、10億円を突破した程度と目標は達成できず。

実写でも評価の高かったるろうに剣心は、1作目で30億円を突破、3部作合わせて120億円を超えるメガヒットとなりました。

2019年の夏には新海誠監督の天気の子も公開されますし、それらにどこまで迫れるのかにも注目が集まります。

東京喰種(トーキョーグール)2・映画続編のネタバレ!

東京喰種の映画の前作では、大学生の主人公・カネキ(金木研)が喰種(リゼ)に襲われ、喰種の臓器を移植されたことからスタート。

喰種捜査官の真戸&亜門との対決までが描かれていて、コミックス第1巻から3巻までとなっています。

原作は、カネキが主人公の第1部は全14巻、全143話もあるのでほんの一部に過ぎなかったんですよね。

今回、続編が公開されもう少しストーリーが進むことになりますが、月山習が登場するとのことなので、前作のすぐ後のストーリーになるでしょう。

人間と喰種のハーフであるカネキの匂いが気になる美食家・月山習が、喰種の集いの場でもある「あんていく」に出入りしてつけ狙う。

一方でカネキはリゼの事故がただの事故ではないという事実を知り、真相を知るために月山行きつけのレストランの調査を開始。

そこで行われていたのは・・・といった感じでネタバレの一歩手前でやめておきます。

原作コミックでは4巻・5巻だと思われます。




東京喰種(トーキョーグール)の映画の前作評価は?

人気漫画が原作の実写化は、なかなか成功するのが難しい印象で大ヒットするものもあれば、大コケして目も当てられない作品もありますよね。

東京喰種は大成功ではありませんでしたが、それほど失敗とも言えずファンからの評価も高いものがありました。

実写化するにあたって、映画ファンだけではなく原作ファンも納得させることができなければ高評価は得られないでしょう。

そういった視点で言えば、よくありがちなオリジナルストーリーもぶっこまずに忠実に再現し、キャストもピッタリの配役でした。

戦闘シーンもアニメでしか再現できなかった躍動感を、さらにリアルに表現。

ネット上でも続編を希望するファンは多く、今夏の公開決定には喜んでいることでしょうね。

まとめ

東京喰種は2018年に7年間の連載が終了し、ファンには寂しい年となってしまいました。

そこへ来て映画実写版の続編ということで、興行収入は前作を難なく超えることが予想されます。

成功すれば第3弾なんてこともあるかもしれませんし、ぜひ映画館で観たい1本ですね。