[埼玉]3月でも見られるイルミネーション!夜のデートスポット!


参照:鉄道コム

3月になってもイルミネーションが見られる埼玉のスポットってあるのかな?

シーズン全体のイルミネーションを紹介しているサイトはたくさんありますが、探し当てるのって面倒じゃないですか?

そこで、今回は都心から近い埼玉県に絞って光のスポットを探しましたので参考にしてください。

どうしても少なくなっちゃうので、それは覚悟しておいてくださいね(笑)

こちらの記事もあわせてどうぞ↓






スポンサーリンク

西武ゆうえんち「WHITE LANTASIA」3月3日(日)まで


参照:西武ゆうえんち公式HP

西武ゆうえんち定番のイルミージュが、美しい巨大ランタンを使用したWHITE LANTASIAとしてリニューアル。「雪と氷の世界」をイメージし、中国四川省で有名な最大4mのランタンを使用するなど約200個の光の造形が出現。立体造形からなる視覚的な光は、普段のイルミネーションとは異なり優しく新しい感覚に包まれます。イルミネーション期間中は、6種類のナイトアトラクションが稼働、メルヘンで特別な夜を体験してみてはいかがでしょうか。

点灯期間:2018年11月10日(土)~2019年3月3日(日)
点灯時間:17:30~21:00
最寄駅:西武多摩湖線・西武新宿線「西武遊園地駅」
山口線レオライナー「西武遊園地」または「遊園地西」
入場料:中学生以上1,200円 / 3歳~小学生・60歳以上600円
「WHITE LANTASIA」の詳細情報はこちら

メッツァビレッジ「チームラボ森と湖の光の祭」3月3日(日)まで


参照:メッツァビレッジ公式HP

ムーミンのテーマパーク・メッツァの無料開放エリア「メッツァビレッジ」での光のイベント・チームラボ森と湖の光の祭。奥武蔵自然公園にある宮沢湖周辺で「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトのもと開催。人が訪れることによって呼応する光の森、浮遊しながら呼応する球体。各所に点在する色とりどりの光の球体は、都会では味わえない不思議な空間をもたらします。

点灯期間:2018年12月1日(土)~2019年3月3日(日)
点灯時間:17:30~21:00
最寄駅:西武池袋線「飯能駅」からバスで約13分
JR八高線「東飯能駅」からバスで約12分
入場料
平日:中学生以上1,000 / 4歳~小学生500円
土日祝:中学生以上1,200 / 4歳~小学生600円
「チームラボ森と湖の光の祭」の詳細情報はこちら



鉄道博物館「ミニ運転パーク」3月11日(月)まで


参照:鉄道コム

鉄道博物館の館内北側に位置するミニ運転パークに広がるイルミネーション。ミニ運転列車の運転を楽しみながら、お子さんたちに特別な1日をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。車体やレールに反射する光も美しく、イルミネーションは川越線や高崎線の車内からも見ることが可能。この季節だけ限定の鉄道博物館はぜひ行っておきたいスポットです。

点灯期間:2018年12月1日(土)~2019年3月11日(日)
点灯時間:16:00~22:00
最寄駅:JR大宮駅よりニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」から徒歩1分
入場料: 一般1,300円 / 小中高生600円 / 3歳以上300円
「ミニ運転パーク」の詳細情報はこちら

まとめ

3月になっても見ることができる埼玉県のイルミネーションを紹介しました。

3月のイルミネーションスポットは少ないですが、まだまだ楽しめますし素敵な思い出を作りに行ってみてはいかがでしょうか。