賭ケグルイシーズン2に松村沙友理が出演!過去ドラマ歴や演技下手?

浜辺美波さん主演で2018年1月~3月に実写ドラマ化された人気コミック原作の賭ケグルイ。

好評につきシーズン2が放送されることが決定し、MSBで2019年3月31日TBSで4月2日からスタート。

予告ビジュアルでは主演の浜辺美波さん一緒にアイドル衣装に身を包んだ夢見弖ユメミ役の松村沙友理さん。

ここでは、賭ケグルイシーズン2に出演する松村沙友理さんいついて、過去ドラマ歴や演技が下手なのかどうか見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

賭ケグルイシーズン2に松村沙友理さんが出演!

賭ケグルイ実写ドラマは、主人公の蛇喰夢子を浜辺美波さん、ライバルの早乙女芽亜里を森川葵さんが演じるなど注目の若手女優が出演。

シーズン2では、私立百花王学園の生徒会役員でインディーズのアイドルとしても活動する夢見弖ユメミ松村沙友理さんが演じます

ファンを大切にする振る舞いを見せる一方で、自分ばかりに夢中になって歌を聴かないファンには罵倒する二面性を持ったキャラクター。

乃木坂46として自分もアイドルとして活動している松村沙友理さんが、アイドルを演じるとあって注目も高いシリーズとなっています。

松村沙友理さんのプロフィール

名前:松村沙友理(まつむらさゆり)
生年月日:1992年8月27日
出身地:大阪府
身長:164cm
事務所:乃木坂46合同会社
デビュー:2011年

公開された予告ビジュアルでは、浜辺美波さんと一緒に歌うシーンが映し出され、2人のかわいさにも注目が集まります。

歌ったりダンスをしたりと、さすがにプロのアイドルとして負けたくないところ。

2人でユニットを組んでリアルの世界でもデビューできるのでは?と思う方も多いのではないでしょうか。

賭ケグルイシーズン2出演の松村沙友理さんの過去ドラマ歴!

松村沙友理さんはまだ女優としての実績は少ないためあまり過去作品がありませんが、それでもドラマは賭ケグルイ2で5作品目

とくに2018年に出演したアンナチュラル第2話では、捕らえられて殴られるという悲しい役を演じ高い評価を得ています。

BAD BOYS J(2013・日本テレビ) 藤井美香 役
天使のナイフ(2015・WOWOW) カフェ店員 役
初森ベマーズ(2015・テレビ東京) ユウウツ 役
アンナチュラル第2話(2018・TBS) 松倉花 役
賭ケグルイ2(2019・毎日放送/TBS) 夢見弖ユメミ 役

また、映画あさひなぐでは、おっとりしてかわいい見た目でありながらさらりと毒を吐くキャラを好演。

劇場版BAD BOYS J-最後に守るもの-(2013) 藤井美香 役
あさひなぐ(2017) 紺野さくら 役

テレビアニメでも声優として活動するなど、アイドル以外の実績も着々と積み上げ乃木坂46卒業後も安定して活躍できるでしょうね。

初年アシベGO!GO!ゴマちゃん(2017・NHK Eテレ) ひらお 役
クリオネの灯り(2017・TOKYO MX) ミノリ 役
SNSポリス(2018・TOKYO MX) 大金もち子 役

ちなみに、後輩から憧れの先輩として名前が挙がらなかったからという理由で自身が中心となって「さゆりんご軍団」を結成。

佐々木琴子さんと寺田蘭世さんをアニメという名のエサで釣って誘ったようで、趣味のアニメが役にたったエピソード。

他にも、漫画・熱帯魚・相撲観戦など趣味の範囲は広く、コミケに出向くほどのマニアックぶり。

もともと水泳をやっていたこともあり、今後もアニメやスポーツ関連の仕事への進出に期待ができるのではないでしょうか。



賭ケグルイシーズン2に出演する松村沙友理さんは演技が下手?

賭ケグルイシーズン2に出演する松村沙友理さんは、今でこそ演技が評価されてきていますが、下手なのではないかと言われていたことも。

バラエティでのドッキリで、やり直しをお願いされた際には棒読みがかわいいと話題になったんですよね。

乃木坂46の22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」に収録されている特典映像の「うそつき」個人PVでは感情が豹変する演技が注目されました。

ほわっとした空気感とおバカキャラの印象が強い松村沙友理さんですが、いきなり低い声で叫ぶ姿にビックリしたファンも多数。

先ほども述べましたが、アンナチュラルやあさひなぐでも高評価を得ているだけに、感情の変化が激しい賭ケグルイの夢見弖ユメミ役にも期待が寄せられています。

まとめ

MSBで2019年3月31日、TBSで4月2日からスタートする賭ケグルイのシーズン2。

夢見弖ユメミを演じる松村沙友理さんは、アイドルを演じ歌って踊ってと演技以外でも楽しませてくれそうです。

アイドルから女優に転身した方で成功しているという印象は少ないので、卒業前に肩書き「女優」という印象を確固たるものにしておきたいところですね。