いろはに千鳥の武将様は誰?歴代ナレーションにスポンサー会社や予算は?

メディア


参照:テレビ埼玉

毎週火曜日23:00~23:30に放送中の街ブラバラエティいろはに千鳥は、千鳥が東京進出後に初めて冠となった番組。

 

千鳥はピカルの定理にレギュラー決定すると番組が終わるという残念な経験をしたコンビですが、今では信じられないくらいの大人気。

いろはに千鳥は、テレビ埼玉という関東ローカルにもかかわらずじわじわ人気となり、番組の予算や収録のやり方がネタにもなっていますよね。

 

ここでは、いろはに千鳥の武将様は誰か、歴代ナレーションにスポンサー会社や予算について紹介していきます。



いろはに千鳥の武将様は誰?

いろはに千鳥は2014年にシーズン1としてスタート、2018年4月からシーズン8が放送されています。

その中でも話題となったのが武将様と呼ばれる、時代劇風な装いのキャラクター登場回。

2回目の出演となった京都ロケでは、まきびしや矢文、忍者犬など何かと仕込んできては引っかき回してちょっぴりスベっている印象でしたね。

 

ところで武将様って誰なのか、気になっている方も多いようなので紹介します。

 

武将様のプロフィール

本名:岩部彰(いわべあきら)
生年月日:1980年7月19日
出身地:佐賀県
身長:175cm
事務所:吉本興業

お笑いコンビ・ミサイルマンのボケ担当でNSC大阪校の22期生、同期にはキングコング・山里亮太・NON STYLE・平成ノブシコブシなど。

 

M-1にも2001年から挑戦していて、2007年まで3回戦で敗退という「逆笑い飯」と言われていた時期も。

ミサイルマン結成前はミッシングボーイというコンビで活動していましたが、NSC時代に4強と呼ばれるくらいの高い評価を受けていたという。

 

アイドルグループ「VIVAJO8」のプロデューサーや、舞台演出としても活動するなど裏方の才能も。

 

いろはに千鳥では、千鳥を襲ってくる何者からか守っているという設定なのか、手裏剣など数々の小ネタオンパレードにネット上を賑わせていました。

観ていくうちに武将様のキレないボケと千鳥との絡みがクセになる神回と言ってもいい内容。

 

ちなみに武将様の世界観では、ザ・プラン9の浅越ゴエが「ゴエ爺」としてユニットでも活動。

こちらはブレイクしたネタをパクって戦国風にアレンジ、なかなかクオリティが高く面白いですよ。

いろはに千鳥の歴代ナレーションは?

いろはに千鳥のナレーションは吉本の芸人が担当しているのですが、番組を観ていてこの声は誰なのか気になったことがあるのでは?

 

初代はシーズン1だけの担当となった横澤夏子さんで2014年1月~3月の短期間。


参照:女の転職type

芸人としての活動が忙しくなった時期とかぶってくるため、早々に変更せざるを得なかったと予想されます。

 

後を受けたシーズン2・3ではおばけザウルスのこやつタイムが担当、芸人ですが声優も本業となっているほどの方です。


参照:こやつタイムTwitter(@koyatsu25

しかし、2018年5月に相方の田舎はるみさんが結婚と共に引退しピンとなってしまったこともあり声優がメインになってくるのでしょうか。

 

そして、一番気になっているであろう現在のナレーションは、スパイクの小川暖奈さん

かわいいと評判の芸人さんでインスタグラムも人気、モデルとしても活動している方です。

番組の内容がゆるいので、小川暖奈さんのほわっとした声質が心地よくマッチしている印象なんですよね。

 

低予算でも有名な番組なので後輩芸人を抜擢しているのでしょうけれど、ステップアップしていく機会になる可能性もあるので若手はこのポジションを狙いたいところなのでないでしょうか。



いろはに千鳥のスポンサー会社や予算は?

様々な番組で千鳥自身がネタにしているスポンサー問題、番組存続の危機を救ってくれたのは須藤石材という企業と言います。

大手のスポンサーがつきにくく、番組ロケで大手釣り具メーカーのマルキューに千鳥が直接頼みに行く回も放送されました。

 

他にも以下の企業がスポンサーとして協力

・聖教新聞
・源泉湯の宿松の井・アイムホーム
・くらづくり本舗
・万代書店

 

近年の千鳥の活躍は目を見張るものがありスポンサーもつきやすい傾向にありそうですが、そうなってくると番組の内容が変わって来ちゃいそうで心配なんですよね。

 

深夜帯のおもしろいバラエティ番組が予算を大幅に増やしていざゴールデンへ、ほとんどつまらなくなり打ち切りになんてよくあるパターン。

もし、いろはに千鳥に大手スポンサーが押し寄せてきても、ゆるーい雰囲気を維持してほしいものです。

 

ノブはテレビ埼玉に出向いた際に、お金がなさそうなテレビ局だったっと後々話していましたし、当初は1クールのみの予定でした。

番組内容もお金がなさ過ぎて街をブラブラするのみ、1日4本撮りどころか8本撮りの時もあると、よくアメトーークで話されていますよね。

 

ときには、番組で用意した財布に数千円500円のみだったり、5円だったり圧倒的低予算

 

そんないろはに千鳥ですが、千鳥が苦しい時期に使ってくれた恩もあるでしょうし、長く細く続けていってくれることを期待したいですね。

まとめ

いろはに千鳥は、千鳥が関東で初めての冠で、低予算すぎるというネタで笑いにもなるクセのある番組。

 

番組を収録したDVDの売り上げが順調なこともあり、今後も継続して放送されていく可能性が高いでしょうね。


タイトルとURLをコピーしました