カルビーのポテトチップス値上げはいつで理由は?値段や減量の商品は?


参照:カルビーHP

2019年3月1日、カルビーがポテトチップスの値上げを発表し、お菓子業界を賑わせています。

近年、アイスクリームやカップ麵、サバ缶や大型ペットボトルと相次いで値上げされ、ついにポテトチップス前もか!という意見も聞かれています。

栄養としての効果はあまりないので、食べなきゃいいではないかと思うかもしれませんが、ロングセラーには大きな需要もあるわけで・・・。

ここでは、カルビーのポテトチップス値上げはいつで理由は何なのか、値段や減量の商品もチェックしていきます。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓





スポンサーリンク

カルビーのポテトチップス値上げはいつで理由は?

カルビーはポテトチップス類59品目の値上げとスナック菓子4品目にの減量を発表!

身近なおやつやつまみとしてロングセラーとなっているポテトチップス、好きな方だけでなく誰もが気になるニュースなのではないでしょうか。

いつから値上げされるのか、家庭の懐事情にも直接関わってくるので消費者にとってはちょっと痛手ですよね。

参照:カルビーHP


参照:カルビーHP

人気商品代表格でもある堅あげポテトは、2019年5月21日(火)納品分から値上げに。


参照:カルビーHP

同じく人気のピザポテトは6月4日(火)と2週間ずれて値上げになります。


参照:カルビーHP

そして、王道のカルビーポテトチップスはさらに1ヶ月後の7月2日(火)と、いずれも火曜日からという流れになっていますね。

値上げの理由にはいくつかあり、以下のことが公式に発表されています。

・段ボールの原価上昇
・原材料価格の上昇
・物流費の上昇

カルビーが値上げを行うのは2009年4月以来、実に10年ぶりとなるんですよね。

2019年は10月に消費税も10%に引き上げられる予定ですし、消費者にとってはどんどん負担が増えてきちゃいます。

時代の流れと共に高くなっていくのは仕方がないことですが、企業にとっても苦渋の決断だったことでしょう。

とはいえ、時間が経てばいつの間にか手に取って購入し、過去の値段を気にすることもなくなるのでしょうね。

いつも思うんですよね、慣れって怖いなって。

カルビーのポテトチップスの値段!


参照:ピクトアーツ

それではカルビーのポテトチップスの値段はどれくらい高くなってしまうのでしょうか?

どの商品が何円で販売されるかは明記されませんでしたが、2.9%~6.3%値上げとなるとのこと。

これはメーカー出荷価格となっているので、店頭に並ぶ際にはさらに高くなっているということでしょう。

単純計算で、100円で卸していたものが103円~106円ほどになりますよね。

感覚としては消費税が5%から8%になった時のようなものになるでしょうか。

4月から6月にかけて大量購入する方も増えそうですし、早めにストックしておいた方がいいかもしれませんね。


カルビーのポテトチップス減量の商品は?

減量はポテトチップス類ではなく、3シリーズ4品目のスナック菓子が対象に。

7月22日(月)から容量が減ることが決まり、こちらも全て人気商品ということで春から夏にかけてざわつきそうですね。

かっぱえびせん(90g → 85g

参照:カルビーHP

サッポロポテトつぶつぶベジタブル、バーベQあじ(85g → 80g

参照:カルビーHP

さやえんどう(70g → 67g

参照:カルビーHP

内容量の減少率は4.4%~6.3%とのことで、改訂後は弱化の物足りなさを感じることになるかもしれません。

原材料などの物価上昇が商品の値上げや減量になることはいろんな企業で何度も行われてきましたよね。

カルビーの今回の決断は、ライバル企業にも影響を与えたのか湖池屋も値上げに踏み切りました。

今後、スーパーやコンビニの独自ブランドのポテトチップス類が値上げに踏み切るのか注目です。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

あそびごころ

まとめ

ポテトチップスの大手メーカーカルビーが2019年5月21日(火)納品分から順次値上げと減量をすることを決断しました。

おやつや間食を楽しみにしている方たちに大きな打撃となりそうな今回の値上げ。

売り上げに変化がもたらされるのか、今後の動きに注目ですね。