B1グランプリ2019の開催地は明石!過去の結果!出場するには?

2019年のB1グランプリは11月23日(土)・24日(日)に開催されることが決定しました!

2018年は開催されず、2017年は西日本B1グランプリin明石として開催され、2日間で17万3千人が来場する人気ぶり。

2019年の参加予定は60~65団体が参加予定となり、久しぶりの全国大会とあってさらなる入場者数が見込まれます。

ここでは、B1グランプリ2019の開催地や過去の結果、出場するにはどうすればいいのかなどをお伝えしていきますね。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓





スポンサーリンク

B1グランプリ2019の開催地は明石!


参照:明石市HP

B1グランプリ2019の開催地は兵庫県の明石市に決定し、全国大会としては2015年以来11回目となります。

2006年に地域活性化を目指して始まったB1グランプリですが、2015年を最後に全国大会は終了し、2016年は特別大会として東京の臨海副都心で開催。

2017年は西日本大会として開かれ、このまま全国大会はやらないんじゃないかと心配になっていた方も多かったことでしょう。

B1グランプリのルールは会場に訪れたお客さんが1人2票(お箸)を投票してグランプリを決めます。

しかし複数の料理を食べることで箸をたくさんもらえ、組織票として1つの料理に数表投票する事態が発生。

また、料理を提供する限界の量を超えてしまい、長蛇の列に並ぶ来場者に行き届く前に閉店するお店も続出してしまいました。

加盟団体も出店コストを理由に退会していってしまったこともあり、そういった問題点を改善しての復活と思われます。

発足した当時は無名のグルメが全国的に広がり、地域の活性という成功を収めたものの、慣れが生じてくるとどうしてもマンネリしてしまうもの。

某お笑いグランプリや某着ぐるみグランプリと一緒で、年々レベルが疑問視されちゃうんですよね。

4年ぶりの復活は、再びB級グルメにスポットが集まるきっかけとなれるのか、注目している方も多いことでしょう。

B1グランプリ過去の結果は?

先ほどもお伝えしたとおり、2019年大会は2015年大会以来4年ぶりの復活です。

2006年・2007年を連覇した静岡県の富士宮やきそばは、B級グルメブームの火付け役となりましたよね。

これを受けて、各地の観光地ではグランプリに関係のないB級グルメも注目されていきました。

全国的にもいい影響を与えましたし、人口の少ない田舎町が人で賑わうってすばらしいことですよね。

B1グランプリ過去の結果は以下の通りです。

第1回(2006年):富士宮やきそば(静岡県富士宮市・富士宮やきそば学会)

第2回(2007年):富士宮やきそば(静岡県富士宮市・富士宮やきそば学会)

第3回(2008年):厚木シロコロ・ホルモン(神奈川県厚木市・厚木シロコロ・ホルモン探検隊)

第4回(2009年):横手やきそば(秋田県横手市・横手やきそば暖簾会)

第5回(2010年):甲府鳥もつ煮(山梨県甲府市・みなさまの縁をとりもつ隊)

第6回(2011年):ひるぜん焼そば(岡山県真庭市・ひるぜん焼そば好いとん会)

第7回(2012年):八戸せんべい汁(青森県八戸市・八戸せんべい汁研究会)

第8回(2013年):なみえ焼きそば(福島県双葉郡浪江町・浪江焼麵太国)

第9回(2014年):十和田バラ焼き(青森県十和田市・十和田バラ焼きゼミナール)

第10回(2015年):勝浦タンタンメン(千葉県勝浦市・熱血!!勝浦タンタンメン船団)

特別大会(2016年):あかし玉子焼(兵庫県明石市・あかし玉子焼ひろめ隊)

西日本大会(2017年):今治焼豚玉子飯(愛媛県今治市・今治焼豚玉子飯世界普及委員会)

特に前半の優勝B級グルメはテレビなどで報道されていた印象じゃないですか?

個人的には勝浦タンタンメンの時も覚えているので、なんだかんだで結果は気にしていたようですが。

たった1つの食べ物から地域が賑わいを見せ活気づく・・・このような大会はどんどんやるべきだと思いますしニュースでも取り上げていってほしいものです。

ただし、不正や優勝するためだけに固執してしまうと、大会自体の意義が問われかねないので、2019年からも純粋に楽しめる環境であり続けることを願っています。



B1グランプリに出場するには?


参照:愛BリーグHP

B1グランプリで優勝して全国的に有名になって観光客を増やしたい!と考えている自治体は多いでしょう。

しかし、B1グランプリに出場するには愛Bリーグに加盟しなくてはいけません。

本部加盟と支部加盟があり、全国大会には本部加盟でないと出場権がなく料理も2万食提供できなくてはならないとのこと。

本部加盟は2018年12月現在63団体となっていますが、今後グランプリ出場を目指して増えることも考えられます。

反対に脱退した元加盟団体も数多くあるため、予想される出場団体が60~65とされているんですね。

出身地が加盟していないという方も多いと思いますが、ぜひ観光地に遊びに行った際には出店しているグルメを楽しんでみてください。

まとめ

2019年のB1グランプリは11月23日(土)・24日(日)に明石市で開催されます。

関西方面に旅行を考えている方は、旅プランに入れてみてはいかがでしょうか?