次世代新幹線アルファXのデザインは?コンセプトや最高速度・運行区間は?


参照:JR東日本

2019年3月22日、新幹線の試験車両E956形電車「ALFA-X(アルファエックス)」が5月に落成することがJR東日本によって発表されました。

2022年3月までの期間で試験運転が行われる予定で、2030年度までに安全で快適に営業運転することを目標に開発が進められています。

次世代新幹線アルファXのデザインやコンセプト、最高速度・運行区間についてお伝えします。



スポンサーリンク

次世代新幹線アルファXのデザインは?



参照:JR東日本

アルファX は10両編成となり先頭車両には東京駅寄りの1号車と新青森駅寄りの10号車で異なるデザインとなっています。


参照:JR東日本

東京駅側の車両はE5系と同じような先頭長で約16m、製造担当は川崎重工。

新青森駅側の先頭車両はE5系よりも長い先頭長の約22m、日立製作所が製造を担当しています。

先頭車両のデザインが異なり製造会社も別という極めて珍しいことも。

カラーリングはメタリックさに爽快感のあるグリーンのライン、人々や情報が行き交う様子をクロス状の側帯で表現。

ロゴデザインは、アルファXの特徴となっているloTやAIなどのデジタルなイメージ。

明るくなっていくグラデーションは新幹線のスピード感と先進的な技術、明るい未来を表します。

次世代新幹線アルファXのコンセプト!


参照:JR東日本

JR東日本が打ち出したアルファXのコンセプトは以下の4つとなります。

・さらなる安全性・安定性
・快適性の向上
・環境性能の向上
・メンテナンス性の革新

先頭の2種類の形状はには「削ぎ」「うねり」「拡がり」など、風の流れで作られる3つの要素を取り入れているとのこと。

東京側の先頭車両は、トンネル突入時の圧力波を抑えながら室内空間を確保。

新青森側はトンネル突入時の圧力波を抑え環境性能を追求。


参照:トラベルWatch

「さらなる安全性・安定性の追求」では、速度が増加することから地震発生時への対応が主眼。そこで安全な速度への減速を目指す機能として、FASTECH 360でも採用していた空力抵抗版ユニットを再搭載。ただし、客室内への影響を抑えるため小型化する一方で、設置数を増やすことで効率アップを狙うなど機構を一新。

 また、台車にはコイルによる「リニア式減速度増加装置」、地震動を受けたときのみ作動して車両の揺れを抑える「地震対策ダンパ」、地震動の衝撃緩和などの機能を持つ「クラッシャブルストッパ」などを搭載。振動センサや温度センサなどを採用して台車の異常状態を把握する台車モニタリングシステムも装備する。走行する地域を踏まえ着雪しにくい床下構造を採用した試験も実施される。

参照:トラベルWatch


「快適性の向上」では、左右および上下方向の揺れを抑えるための「動揺防止制御装置」「上下制振装置」を搭載するとともに、カーブでの遠心力を低減する「車体傾斜制御装置」などを採用。乗り心地の向上を目指す。

「環境性能の向上」では、騒音の低減を重視。先頭車の形状を東京側、新青森側で変更するとともに、あわせてパンタグラフの改良を実施。この新パンタグラフは「E5系」採用のモノをベースにヒンジなどの構造およびカバー形状の改良を目指したタイプと、ヒンジをカバー内に納めた新しいタイプの2種類を搭載し検証を行なう。

「メンテナンス性の革新」では、車両や地上設備の各機器をモニタリングする装置を搭載。これらの情報をデータサーバーを介して指令やメンテナンス基地、作業員らと共有することで、安全・安定輸送やCBM(Condition Based Maintenance:状態基準保全)の実現を目指す。



次世代新幹線アルファX最高速度・運行区間は?


参照:ジョルダン

試験運行では仙台駅~新青森駅間を中心に、週2回ほどが夜間に行われます。

将来的には東京駅~札幌駅延伸を見据えての試験となり、各種データの収集が行われていきます。

2016年に新青森駅~新函館北斗駅が開通した北海道新幹線、2031年にはさらに札幌駅まで延びる予定なんですよね。

最高360km/h最高400km/hなどでの試験運行も予定し、最終的には時速360km/hで安全・快適に運行されること。

リニアモーターカーも時間がかかっていますが、今の段階で試験していることは完成近くなってきたら古すぎる情報となってしまうと思うのですが・・・と毎回気になってしまうんですよね。

2031年と言わず、もっと早く完成とならないもんなんですかね!?

まとめ

時速360km/hで安全・快適に運行されることが目標となる次世代新幹線アルファXは、2030年度に完成が予定されています。

2031年の札幌駅までの路線延長に合わせての開発となっていますが、もう少し早く完成してもらって数年後には乗ってみたいものですよね。

リニアモーターカーも今後注目されていくことは確実ですが、開発に時間がかかりすぎて年取ってしまいますよ・・・JRさん。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする