新元号は「永光」に決定って言ってる有名人がいるけど最終決定は当日じゃね?


参照:木下博勝オフィシャルブログ

新元号が2019年4月1日(月)に発表されるということで、誰もが気になりながら過ごしていることでしょう。

そんな中、新元号がすでに決まっているとブログで暴露した方が現れました。

散々叩かれているみたいですが、そんなこと言ったらどうなるのかを想像できなかったようで、なかなか図太い神経の持ち主ですよね。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓







スポンサーリンク

新元号は「永光」に決定って言ってる有名人は?


参照:木下博勝オフィシャルブログ

新元号が「永光」に決定したとブログで発表したのは、医師でタレントの木下博勝さん。

ミヤネ屋をはじめバラエティなどでもたまに見かけるこの方、ジャガー横田さんの旦那としても有名ですよね。

3月24日に投稿されたブログ内容は以下の通り(※記事は投稿後削除されています

4月1日に発表予定の新元号ですが、以前武田氏の予想されているいくつかを紹介させて頂きました。

その中にも御座いました、「永光」に決まったとの未確認情報が入りました。

約1週間後には、その真意が判明しますが、いかに。
因みに僕は、徳弘、押しでしたが。

元号は情報が漏れないように厳重な箝口令が敷かれているはずなので、もし木下さんに話した人物がいるのであれば追求されるべきでしょう。

しかし、もし本当に漏れたのであれば、そもそも変更されるはずなので「永光」にはなるはずないんですけどね・・・。

このブログに対しては読者から厳しい意見が寄せられています。

「仮にホントだとして、何で黙っていられないんだろうね?そんなにすごーいって言われたかったんだろうか?」

「さんざん漏らすなと言われているのにアホ過ぎる」

「新元号が永光だったら、ジャガー横田の旦那ヤバイな。」

「ジャガー横田の旦那さんの木下先生が新元号の噂をネットに書いたとか・・何でそんなことするんだろ!!」

など炎上してしまったからなのか、ブログを削除するという対応を見せています・・・が、いかに。

木下博勝さんが言う武田氏の予想とは?


参照:Share News Japan

ブログで述べている武田氏の予想とはいったい何なのか?

それは、2018年1月に竹田恒泰さんがリストアップした11個の新元号予想のことですね。

・安延(あんえん):安泰が続く
・安化(あんか):激動の時代が安定する
・安長(あんちょう):安定したものが長く続く
永光(えいこう):輝かしいものがずっと続く
・永明(えいめい)
・建安(けんあん):安定的なものを作り上げる
・建和(けんわ):建は、何かを成し遂げる
・弘栄(こうえい):広く栄える
弘徳(こうとく)
・文弘(ぶんこう)
・文承(ぶんしょう):豊かな暮らしを引き継いでいく

木下さんは徳弘がおすすめだったようですが、11案の中にあるのは弘徳ですね。

新元号は

・漢字2文字
・読みやすく書きやすい
・過去に使用されていない
・国民の理想にふさわしい
・俗用されていない
・1文字15画までの漢字の使用
・明治(M)・大正(T)・昭和(S)・平成(H)以外の頭文字

などのルールに基づいて提案されていきますが、この11個のなかから選ばれたら調査能力なさすぎですよね・・・笑。

ただ、「光」は使われても違和感ないですし、いいと思いますが。

人気の高い「永」「安」「和」なんかを使用したらちょっと引いちゃいますけど・・・。



新元号の最終決定は当日!


参照:Yahoo!ニュース

木下さんは、すでに「永光」に決定したと言っていますが、本当に決定するのは「当日」だと政府から正式に発表されています。

有識者たちが提出する20~30ほどの候補の中から、管義偉官房長官が3案程度に絞ります

さらに有識者懇談会や衆参両院正副議長の意見を聞き、閣議で最終決定に。

これは情報漏洩を極力減らすための狙いがあるため、万が一漏れたとしてもそれは当日の話。

3月24日には3つにすら絞られていないのです。

となると、木下さんの発言は「謎」であり、かまってちゃんだっただけなのではないか。

ちなみに誰が案を出したかも公表しないことも決まっていますし、ますます虚言が疑われ、そのことの方が炎上対象なりそうな気もしますね。

まとめ

はたして「永光」はどこから出てきた情報なのか、これはうやむやにしてはいけない問題でしょう。

説明責任を果たしていただき、ブログの真意を教えてほしいものです。

ただ話題がほしくて言っちゃった、そうしたら炎上したということでしょうけどね。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする