高校野球で初めての球数制限導入は新潟県!導入理由や何球で交代?


参照:素材ラボ

毎年スターが誕生し秋のドラフトまで話題を独占する高校野球ですが、長年議論に挙がってきた投手の球数制限。

メジャーリグでは当たり前となっていますが、日本ではなぜか導入されませんよね。

しかし、プロ野球よりも先に高校野球で導入されることが検討され、実際に行われることが決定したのです。

ここでは、高校野球で初めての球数制限導入は新潟県で、その導入理由や何球で交代かお伝えしていきます。

高校野球に関するこちらの記事も合わせてどうぞ↓



スポンサーリンク

高校野球で初めての球数制限導入は新潟県!

2018年12月22日、高校野球で初めて球数制限を実施することが新潟県高校野球連盟から発表されました。

この決断には、野球関係者や高校野球ファンからも驚きと納得の声も聞こえてきています。

なぜなら、全国の高校野球を管轄する日本高校野球連盟が計画していたものではなく、新潟県高校野球連盟が独自で決断したから。

そのため事後報告という異例の流れとなり、思い切った決断と言われています。

2019年の春の県大会から試験的に導入し、科学的な分析を行いながら以降どうするか検討していくとのこと。

選手はもちろんのこと、監督や指導者、観客たちにとってどのような影響が出るのか反応も見ていくという。

2019年以降全国の高校野球連盟が取り入れていくのか、新潟の春季大会に注目が集まります。

高校野球で初めての球数制限導入の理由は?

球数制限の導入由は、怪我の防止複数投手制の普及、さらには新潟県の高校野球人口を増やすこと

新潟県2018年夏の県大会では出場82チーム中、人数が集まらずに合同チームとなったチームが3つ。

秋の大会ではなんと20もの高校が単独チームとして出場できずに、他校と合同で参加していました。

そもそも高校だけでなくプロも含めた野球における球数制限は、前々から議論されているんですよね。

正式な会議が行われていたというわけではありませんが、スポーツニュースや試合で解説する方々の中でも賛否が分かれているんです。

投手1人に投げさせることで勝ち上がっていくチームは、エースの出来によって勝敗が決することもありますよね。

2018年の夏の甲子園で言えば、金足農業がそのケースに当てはまり、吉田輝星投手の活躍なくして準優勝は成し遂げられなかったでしょう。

かつては松坂大輔投手もほぼ1人で投げ抜き、前の試合で投げすぎた際にはさすがに交代しましたが、ピンチで結局投げています。

強豪チームと呼ばれる高校は、エース級の投手数人を交代できる一方で、エース級が1人しかいなければ勝ちにくくなる問題点がありますよね。

しかし、多くの選手に出場機会を与えることができれば、野球人口を増やすことに繋がりますしなかなか難しいところ。

高校野球は全てを賭けて臨むものでもあるので、球数制限が原因で勝てなくなってしまったチームは気の毒すぎですよね。

選手の怪我の可能性は考えていくべきですが、今後も賛否の分かれる球数制限の決定になるのではないでしょうか。



高校野球で初めての球数制限導入は何球で交代?

新潟県が春から導入する球数制限は、1人の投手1試合100球まで。

今までは、投手の調子が上がらない場合は、一度外野を守らせて、またマウンドに立つことが許されていました。

しかし、今回の制度では再登板は許されず、その試合に限っては投げることはできません。

これには大きな問題もあり、例えば1回や2回の序盤で打線に捕まってしまったらあっという間に100球の到達してしまいます。

バッターはカットばかりしてファールしまくれば、投球数だけが加算されるという作戦がOKとされてしまうんですよね。

また、打たせて獲る投球術が有効になり、三振が得意な投手は不利になっちゃいますし、盛り上がりにも賭け三振記録は更新されることはなくなります。

試合に出られる選手が増えることになりますが、勝負事にその温情は必要なのか気になるとことです。

まとめ

新潟県高校野球連盟が2019年の春季県大会に実施することが決まった球数制限。

エース球が数名いるチームでなければ上位に行けなくなり、県立高校は特に甲子園を目指しにくくなることが想像できます。

選手の怪我は考慮すべきですが、これがどこまで選手ファーストと言えるのか、今後の動きに注目ですね。