手紙やはがきの値上げが決定!2019年のいつからで理由は消費税増税?

2019年4月4日、手紙やはがきが2019年に値上げすることが総務省から発表されました。

あれ?最近値上げしたばかりじゃなかった?

このように感じた方も多いのではないでしょうか。

手紙やはがきを出す際に、迷ってしまわないように早めに値段を理解しておきたいですよね。



スポンサーリンク

手紙やはがきの値上げが決定!2019年のいつから?

総務省から発表された手紙やはがきの値上げは2019年10月1日(火)からとなります。

値上げ幅は以下の通りとなりますので覚えておくことをおすすめします。
※改訂後の価格は予測値となります

手紙(定型郵便物)
25g以内:82円→84円
50g以内:92円→94円

はがき
通常はがき:62円→63円
往復はがき:124円→126円

定形外郵便物規格内
50g以内:120円→120円
100g以内:140円→140円
150g以内:205円→210円
250g以内:250円→250円
500g以内:380円→390円
1kg以内:570円→580円

レターパック
レターパックライト:360円→370円
レターパックプラス:510円→520円

普段多くの人が使う通常はがきは1円の値上げ、手紙は2円値上げということになりますね。

改訂後は予測値として記載していますが、おおむねこの値段になることが予想されます。

手紙やはがきの値上げの理由は消費税増税?

では、なぜ10月というタイミングで値上げとなるのでしょうか?

これは2019年10月1日(火)に上がる消費税が関係してきます。

上の見出しでお伝えした改訂後の価格は、消費税が8%から10%になることによることによる値上げということになります。

四捨五入を考慮しなくてはならないため、切り捨てかどうかで多少変わってくるかもしれません。

手紙の82円は83.5円になるので、四捨五入すると84円に。

はがきの62円も63.15円になるので63円となるのです。

ちなみに、郵便局やコンビニなどで切手を買う場合、消費税が加算されないので、領収書には「非課税計○円」と書かれています。

郵便局で封筒を出して切手を貼ってもらい料金を支払う場合は、「課税計○円」となり郵送代に消費税がかかってきます。

二重に消費税がかかってしまうためにこのような現象が起きてしまうとのこと。



過去の手紙やはがきの値上げは?

2018年の年賀状の時に話題となったはがきの値段変更でしたが、また値上げなの?とうんざりしているのではないでしょうか。

近年値上げが多いような気がしますが、通常はがきの変遷を見てみましょう。

2014年4月
消費税増税で50円→52円に値上げ
2017年6月
人件費上昇のため52円→62円に値上げ

年賀はがきは、2019年から62円へ。

買っておいた切手を使い切るまでは、1円切手や2円切手の需要が高まることが濃厚ですよね。

では、古いはがきの払い戻しや交換はできるのでしょうか。

返金の対応は行っていませんが、交換することは可能とのことですがHPによると手数料がかかってくるのだとか。

つまり、1円のために交換しようとしたらそれ以上の額を請求されるという謎の展開に・・・。

まとめ

2019年10月1日(火)の消費税増税に伴い、手紙やはがきの値段も上がってしまいます。

2019年は小麦粉やカップ麵、野菜ジュース、サバ缶、ポテトチップス、飲料水、海苔、アイスなど様々なものが値上げしています。

どれだけのものがどこまで値上げが進むのか・・・このまま日本はどうなってしまうのか。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする