【なつぞら】柴田家長女・夕見子役・福地桃子の父は哀川翔!出演作品は?


参照:NHK

2019年度上半期放送のNHK連続テレビ小説「なつぞら」は、朝ドラ100作目という節目の記念作となります。

第2週までで幼少期のストーリーは終了し、本編となる青年期へ突入。

ヒロイン奥原なつの幼少期を演じた粟野咲莉ちゃんの名演技には、思わず泣いてしまった方も多かったのではないでしょうか。

ここでは、奥原なつが生活する柴田家の長女・夕見子の成長した姿を演じる福地桃子さんにスポットを当て紹介します。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓









スポンサーリンク

【なつぞら】柴田家長女・夕見子の役どころは?

なつぞらは、ヒロインの奥原なつ(広瀬すず)が北海道十勝からアニメーターを目指す物語。

奥原なつが柴田家に連れてこられ一緒に生活し、徐々に心を開き感情を表に出せるようになっていく。

牛乳やバター作りなど酪農にいそしむ一方で、絵を描くことが好きな同級生の天陽くんや漫画映画を観たことで絵にも興味を持つなつ。

どこまでも続く草原の丘で、北海道・十勝の風景を描く奥原なつ(広瀬すず)。昭和21年初夏、なつ(粟野咲莉)は9歳の時、亡き父の戦友だった柴田剛男(藤木直人)に引き取られて十勝にやってきた。妻・富士子(松嶋菜々子)は我が子としてなつを受け入れようする一方、富士子の父でガンコ者の泰樹(草刈正雄)は働き手にもならないとなつに冷たくあたる。しかし、子供ながらにここで生きると覚悟を決めたなつは、牛馬の世話や乳搾りを必死に手伝い、次第に泰樹の心を溶かしていく。
参照:なつぞらHP

ヒロインの奥原なつと、柴田家の長女・夕見子は同い年。

母親がなつに優しくしているのを近くで見ていたことで最初はなつが気に入らない存在でした。

また、自分の怒りを表現しないことにもイライラを隠せない様子。

酪農の一家に生まれたにも関わらず牛乳嫌いで、ちょっぴりワガママの夕見子。


参照:Real Sound

なつと同じ年の長女。なつに初めはわだかまりを感じるものの、一緒に暮らしていく中で、お互いに悩みを打ち明けられる、本当の姉妹のようになっていく。大嫌いだった牛乳も、なつのおかげで飲めるようになる。
参照:なつぞらHP

なつぞらは、第2週のラストで、18歳となったなつ(広瀬すず)が馬に乗って登場。

大きくなった山田天陽(吉沢亮)と会うシーンで終わり第3週へ向かっていきます。

夕見子の成長した姿を演じるのは、福地桃子さん。

なつは農業高校へ進学していますが、夕見子はもともと酪農が嫌いでもあるため別々の高校に行っていることが制服からも分かりますね。

公式ホームページでの紹介では、本当の姉妹のように悩みを打ち明けあえる存在になっているようなので、進路や恋愛などでお互い相談するのでしょう。

子どもの時は、嫌なものは嫌と正直に言ってしまう夕見子でしたが、成長しても相変わらず酪農が嫌いでしたね。

妹の明美が食事の支度をしているぞばで本を読んでいるだけという女王様ぶり。

劇中では話を「引っかき回さないの!」と注意を受けまくっていますが聞く耳を持ちません。

楽しそうではあるので安心ですが・・・。

「これからの時代は~」「頭を使わないと~」のような考えなので、流行の最先端を取り入れていきたい願望が見え隠れしています。

本ばっかり読んでいるので、将来は編集者あたりになるのでしょうか。

それとも女優になりたい!なんて言い出すのでしょうか。

なつと一緒に東京に出て行くのかどうかによって出演回数も変わってくるので、進路にも注目ですね。

柴田家長女・夕見子役・福地桃子さんの父親は哀川翔さん!

柴田家長女・夕見子役の福地桃子さんは2016年にレプロエンタテイメントに所属、以降数々のドラマに出演する注目の女優さんです。

福地桃子さんのプロフィールはこちら

名前:福地桃子(ふくちももこ)
生年月日:1997年10月26日
出身地:東京都
身長:153cm
事務所: レプロエンタテイメント

福地桃子さんと言えば、父親が哀川翔さんというころでデビュー時には大きな話題となりましたよね。

哀川翔さんと青地公美さんとの間に5人兄妹の末っ子として誕生。

3歳から小学6年生まで哀川翔さんのVシネマ現場に着いていき、父の演技を間近で見ていたようですね。

2014年には「借金シャッキング~華麗なる借金返済作戦~」に娘の安斉美香役で出演。

事務所に所属する前のドラマ出演で、哀川さんと一緒にイベントに出ているのを見て監督が抜擢したようです。

福地さんは当時都内の私立高校に通う現役の高校生で、ダンスや焼肉店のアルバイトなどをしていたとのことでドラマは初挑戦でした。

初演技とは思えないほど自然な演技という評価を得て、この出演をきっかけに演技に感心を持つように

哀川翔の次女」ではなく、本名の「福地桃子」として女優になりたいということで父とは別の事務所に入ったとのこと。

憧れは同じ事務所所属でもある新垣結衣さん。

なつぞらで朝ドラヒロインの親友であり姉妹のようなポジションを演じることで、さらなる飛躍が期待されます。

朝ドラに出演した俳優は、数年後に再登板する傾向があるのでいつの日かヒロインを演じる可能性もあるので期待したいですよね。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓






柴田家長女・夕見子役・福地桃子さんの出演作品!

福地桃子さんのドラマデビューは先ほどお伝えした哀川翔さんとの共演でしたが、近年は主要人物を演じるまでになりました。

ドラマ
借金シャッキング~華麗なる借金返済作戦~(2014)安斉美香 役


潜入操作アイドル・刑事ダンス(2016)ピコ 役


CDTVスペシャル!クリスマス音楽祭2017
スペシャル”胸キュン”ドラマ「愛が呼ぶほうへ」(2017)


あなたには帰る家がある(2018)池田こはる 役


チア☆ダン(2018)芦田さくら 役

なつぞら(2019)柴田夕見子 役

映画

あまのがわ(2019)主演・琴浦史織 役


あの日のオルガン(2019)森静子 役

2019年は2本の映画に出演し、「あまのがわ」では初主演

福地さんはかつて、「父がVシネマの帝王ならば、私はいろんな役をこなせる女優、“カメレオンの女王”になりたいです」と語っています。

今後も映画・ドラマでの出演が期待されますね。

まとめ

なつぞらで柴田家の長女を演じる福地桃子さん、北海道篇だけの出演となるのか東京篇まで登場するのか。

子役たちが活躍した幼少期篇が終了し「小なつロス」なんて言われていますが、それらの声を吹き飛ばす演技で楽しませてほしいですね。