米津玄師プロデュースで話題のパプリカ歌っている子どもは誰?


参照:NHK

街中でも聴くことが多くなってきた「パプリカ」、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?

リズミカルな曲調で聴いていても楽しい気分になれますし、どこか懐かしさも感じさせる歌ですよね。

ここでは、パプリカを歌っている子どもたちにスポットを当てて紹介します。



スポンサーリンク

米津玄師プロデュースで話題のパプリカ!


参照:すくコム

パプリカは、2018年にブレイクしたアーティスト・米津玄師さんが作詞作曲し、プロデュースまで行っている楽曲です。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

「2020年ろその先の未来に向かって頑張っている全ての人を応援するプロジェクト」

NHKが上記のコンセプトの元で開始された「NH2020応援ソングプロジェクト」での応援ソングとして製作されました。

また、パプリカは2020年東京オリンピック・パラリンピックの「東京2020公認プログラム」に承認。

2018年8月15日にリリースされ、収益金や米津玄師さんへの印税はスポーツ振興基金へ寄付され、次世代を担うアスリート育成のために使用されています。

チャート最高順位は以下の通り

5位:iTunes
1位:Amazon Music
週間7位:LINE Music
週間16位:オリコン
23位:Billboard Japan Hot 100

みんなのうたでも流れ、多くの視聴者の元へ届くと同時に各音楽チャートでも上位を記録。

2020年に向けての応援ソングということもあり、まだまだ人気は衰えることはないでしょうね。

パプリカを歌っている子どもは誰?

パプリカが初披露されたのは、2018年7月24日にオンエアされた「内村五輪宣言!~TOKYO 2020開幕2年前スペシャル~」でのこと。

東京オリンピック・パラリンピック公式マスコットのミライトワとソメイティと一緒に紹介されました。

さて、楽しそうにパプリカを歌って踊っている5人組の子どもたちは誰なのか気になりませんか?

彼らはオーディションで選ばれた小学生5人で、パプリカのために結成された「Foorin(フーリン)」。

ユニット名は米津玄師さんが、メンバーを風鈴に例えて付けたもの。

メンバー
ひゅうが:メインボーカル
もえの:メインボーカル
たける:ダンス・コーラス
りりこ:ダンス・コーラス
ちせ:ダンス・コーラス


ひゅうが(吉田日向)
生年月日:2006年10月13日
出身地:東京都
事務所:iLink
デビュー:2016年


もえの(住田萌乃)
生年月日:2008年3月29日
出身地:大阪府
事務所:ジョビィキッズ
デビュー:2013年

こちらの記事もあわせてどうぞ↓


たける(楢原崇琉)
生年月日:2006年4月8日
出身地:ー
事務所:ホリプロ・インプルーブメント・アカデミー
デビュー:ー


りりこ(池下リリコ)
生年月日:結成時小学3年生
出身地:ー
事務所:劇団ひまわり
デビュー:ー


ちせ(新津ちせ)
生年月日:2010年5月23日
出身地:東京都
事務所:劇団ひまわり
デビュー:2014年

最年少のちせちゃんは、CMやドラマでもよく見かける子役で、映画監督・新海誠さんのお子さんとしても有名ですよね。

2020年には、最年長のひゅうがくん・たけるくんは中学2年生となりますが、ちょっと大人になっちゃうのでは・・・?

特にメインボーカルのひゅうがくんの声変わりが気になるところ。

もえのちゃんも2020年に中学1年生となり、その頃には子役から女優として活躍しているかもしれませんね。

5人が今後どんな活躍を見せてくれるのか注目です。



紅白歌合戦でも披露されたパプリカ


参照:アメブロ

2018年の締めくくりとなる紅白歌合戦でも歌われたパプリカ。

紅白歌合戦は紅組と白組の対戦だけではなく、合間に行われる特別コーナーも魅力の一つです。

2018年には「夢のキッズショー~平成、その先へ~」というコーナーで披露。

NHKのキッズ番組のおかあさんといっしょやいないいないばぁ!などとコラボしました。

さらには、松田聖子さん、King&Prince、SexyZone、AKB48、欅坂46などのメンバーらと一緒に歌って踊って大盛り上がり。

トレンド入りし、ネットニュースでも取り上げられたほど。

毎年視聴率低下が話題となる紅白歌合戦ですが、平成最後ということもあり大成功を収めた形になりました。

まとめ

米津玄師さんがプロデュースするパプリカは、2020年まで各地で流れることで誰もが知っている曲となっていくでしょう。

たとえ、気にしていなくてもついつい口ずさんでいるという方も多いのでは?

Foorin5人それぞれの活躍にも注目です!