アメトーークで話題の芸人・草薙はいじめられてた?EXIT兼近はマブダチ?

アメトーークやロンドンハーツなどで、独特なネガティブキャラで人気急上昇中の芸人・草薙航基さん。

2018年のアメトーーク大賞では新人賞を受賞し、2019年はますますテレビで見かける回数が増えた気がします。。

ここでは、草薙さんについて紹介していきたいと思います。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓





スポンサーリンク

アメトーークで話題の芸人・草薙航基さんのプロフィール

アメトーークやロンドンハーツに度々出演している草薙航基さんですが、本来は宮下草薙というコンビでボケを担当している漫才師です。

カメラが自分に向いたり話題でスポットが当てられると「映さないで」と言い、自分の顔を見ているのが苦痛だとか。

プロフィール

本名:草彅航基(くさなぎこうき)
生年月日:1991年8月23日
出身地:愛知県名古屋市
身長:165cm
事務所:太田プロダクション
デビュー:2014

いつも不安そうな雰囲気でネタやトークをしていますが、もともと心配性な性格。

そのため、ライブなどでスベるとその帰りに座り込んで落ち込むほど。

16歳・17歳頃にテレビで観たはんにゃに憧れていたといいますが、全く正反対のネガティブさがウケています。

本名は「草彅」ですが、相方の宮下さんに間違えられたことから「草薙」がそのまま芸名やコンビ名に。

宮下さんとコンビを組むまでに3回別のコンビを組んでいますが、いずれも解散。

相方の宮下兼史鷹さんのプロフィールはこちら

名前:宮下兼史鷹(みやしたけんしょう)
生年月日:1990年11月16日
出身地:群馬県佐波郡
身長:168cm
事務所:太田プロダクション
デビュー:2014年

2人は2013年太田プロエンタテインメント学院東京芸人コース5期生出身の同期ですが、コンビを組んだのは2016年。

ピン芸人として3年活動していたところ、先述した草薙さんの解散の際に、芸人を辞めそうな雰囲気を察知してコンビ結成へ。

草薙さんのおもしろさを世に出さないのはもったいない、といった思いからだそうです。

草薙さん曰く、「作家にダメ出しされると食ってかかっていく尖った奴」で、初めて大勢の前であいさつするときに酒を飲んできて気分が悪くなり退席するむちゃくちゃな過去も。

ネガティブな草薙さんとあわせて2人とも「ヤバイ奴」だったという。

しかし、宮下さんは草薙さんがスベってへこんでいるときは慰めていたそうで、ネタのように優しさが溢れています。

草薙航基さんはいじめられていた?

草薙さんは、人と話しているときにあまり目を合わせなかったり、息が荒くなったり、芸人らしからぬ言動が目立ちます。

もともとネガティブな性格からのものであると思われますが、過去にいじめられていたのでは?ということも言われているんですよね。

アメトーークの高校中退芸人に出演した際に、高校を2日で退学していると話しています。

身体測定で体を軽くいじられ

このままでは公園に呼び出されて踊れとか言われていじめられる!

と想像して辞めたという、なかなかエッジの効いた過去があるんです。

いじめられていたというよりは、想像力が豊かすぎるが故のこと。

もしかしたら、そのまま通っていたらいじめられていたかもしれませんが、「逃げる」ことも大切ですからね。

アメトーークでは、小さい声で話すので先輩芸人にいじられている姿が多く見られます。

特に、中川家の礼二さんにはキツめのいじりを受け、それを観た視聴者の中には本当にいじめていると勘違いしてしまう人もいるようですね。

いじりすぎると、かんしゃくを起こして逆ギレすることも一連の流れのウケどころ。

もう話しかけんなよ!」と、千鳥ノブさんに言ったり、「だから、あの人嫌なんだよ」と礼二さんに言ったりと。

近年の若手芸人で、先輩に食ってかかる人って少ないですし、いじられたあとのキレ芸としても前例がないキャラクターですよね。

また、ボソっと放った言い回しが独特で、過去にお母さんは2000連勤していたと。

本当かを詳しくツッコまれると、数えたことないから知らないよ!といった一幕も。

今後も当分は、同年代や先輩芸人との絡みで笑いをもたらせてくれることでしょう。



草薙航基さんとEXIT兼近さんはマブダチ?

ネオパリピ系芸人としてチャラさ全開の若手芸人コンビ・EXIT。

EXITのメンバー兼近大樹さんとりんたろー。の2人は、それぞれベビーシッターと介護ヘルパーのアルバイトをしていることで有名。

その見たとは正反対の優しくて思いやりのあるコンビであることも人気急上昇の理由なのでしょう。

そんな兼近大樹さんと草薙さんはマブダチというほど仲がいいようなんですよね。

兼近さんが、まだただのチャラい芸人と思われていた時にアメトーークでマブダチと発言。

オドオドしている草薙さんも、その話題が出たときには笑顔になり、兼近さんがいることで安心できていたようです。


同じ時期に出てきた2組だけあって、今後も切磋琢磨して笑いを提供してほしいですね。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

まとめ

草薙宮下の草薙航基さんのネガティブキャラは、作ったものではないからこそウケているんでしょうね。

近年は、深夜を中心にお笑い番組が増えてきているので、これからもブレイクする芸人が増えるかもしれません。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする