2019年ワンピース映画スタンピードはいつ?あらすじや特報も!


参照:ONEPIECE.com

2019年のワンピース映画は、FILM GOLD(2016)以来3年ぶりに公開されるSTAMPEDE(スタンピード)。

アニメがスタートして20周年ということもあって、期待が大きい作品となっています。

また、尾田栄一郎先生が映画制作に関わる作品は、過去3作品とも大きな興行収入を記録しているため更新が予想されます。

ここでは、2019年ワンピース映画スタンピードはいつ公開なのか、衣装の公開や内容予想をしていきたいと思います。



スポンサーリンク

2019年ワンピース映画スタンピードはいつ?


アニメ開始から20周年となる2019年のワンピース映画はSTAMPEDE(スタンピード)

STAMPEDE(スタンピード)に関する情報を一気には出さず、モノであれば購買意欲をかき立てられる作戦ですね。

そんななか、ビジュアルポスターが発表され、2019年8月9日(金)の公開が決定しました。

STAMPEDE(スタンピード)は、暴走や熱狂的行動のような意味を持つ単語で、20周年の夏にふさわしいイメージでしょうか。

特報映像では20年間の歩みが時系列でまとめてあり、ビジュアルでは巨大なモンスターが瓦礫に立ちふさがっています

ビジュアルの麦わら帽子が宙に舞っている画、いったいどんなストーリーや結末になるのか気になって仕方がありませんよね。

2019年ワンピース映画スタンピードの特報第2弾!

※2019年2月21日追記

2019年2月20日にスタンピードの特報第2弾の映像が公開されました。

それと同時に、元ロジャー海賊団ダグラス・バレット海賊万博の主催者ブエナ・フェスタのデザインが初お披露目。

元ロジャー海賊団ダグラス・バレット

海賊万博の主催者ブエナ・フェスタ

トラファルガー・ロー、スモーカー、たしぎ、バギー、モージ、カバジ、アルビタ、Mr.3も参戦決定という情報も。

2019年ワンピース映画スタンピードの衣装公開!


参照:ONEPIECE.com

内容や敵に関することも発表されていませんが、まず始めに麦わらの一味の映画での衣装が公開されましたね!

ルフィ

ゾロ

ナミ

ウソップ

サンジ

チョッパー

ロビン

フランキー

ブルック

レギュラー放送のアニメや原作にはないオリジナルの衣装を身に纏うのも映画の魅力の一つですよね。

特にルフィが背負っている巨人の兜はどんな意味があるのか、ビジュアルの巨大モンスターと関連があるのか気になるところです。



2019年ワンピース映画スタンピードの特報第3弾!

※2019年4月13日追記

2019年4月11日に特報第3弾がお披露目となりました。

また、ポスターは第2弾が公開され、さらにスタンピード熱が加速しています。


原作の尾田栄一郎氏が「20周年という名目がなければぼくはこんな映画やらせません。」と言うくらいキャラクターが総出演。

海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典、海賊万博。
「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。導かれるまま会場に着くと、華やかなパビリオンが所狭しと並び、世界中から海賊たちが群がる、大きな盛り上がりをみせていた。そこには勢揃いした“最悪の世代”キッドやベッジ、ホーキンスにボニー、さらにはバルトロメオ、キャベンディッシュの姿も! 全員の目的はただ一つ、万博の目玉「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。宝を手に入れ名を上げたい海賊たちによるお宝争奪戦の火蓋が切られた! しかし、海賊たちが熱狂する万博の裏では、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にしようとスモーカーたちによる海軍の潜入捜査までもが動き始めていた―――。
時代の覇権を左右するお宝争奪戦が熱を帯びる中、突如、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入。ルフィたちの前に恐るべき脅威となって立ちはだかる! 事態の収束を諮る海軍は大将“藤虎”イッショウ、“黄猿”ボルサリーノ、さらには王下七武海“海賊女帝”ハンコック、“世界最強の剣士”ミホークをも召集し、狂乱する海賊と激突! 加速する戦乱にはさらに“元王下七武海”クロコダイル、“革命軍参謀総長”サボ、“CP-0”ロブ・ルッチまでもが其々の目的のため姿を現した! お宝争奪戦と海賊万博は予測不能の大混乱へと陥って行く!!
参照:ONEPIECE STAMPEDE公式HP

さらに、ダグラス・バレット役の声優も発表され、ハリソン・フォードやメル・ギブソンなどを演じてきた磯部勉さんということが明らかになりました。

バレットは、覇王色を操ることができる元ロジャー海賊団で通称「“鬼”の跡目」。

能力はまだ明らかにされていませんので、特報第4弾に注目ですね。

過去のワンピース映画について

尾田栄一郎先生が制作総指揮をとるワンピース映画は、STAMPEDE(スタンピード)で4作品目。

映画は原作には関わらないパラレルワールドなのが暗黙の了解といったところですが、過去3作品は若干繋がってもいるのがうれしい設定となっています。

原作との繋がりについて過去作品を見てみたいと思います。


STRONG WORLD(ストロングワールド・2009年)
海賊王・ゴール・D・ロジャーや白ひげの世代だった大海賊・金獅子のシキが登場。かつては海軍本部に一人で乗り込み、若き日のセンゴクとガープと対戦し壊滅させるも捕まってしまいます。両脚を切断し、代わりに剣を脚に取り付けフワフワの実の能力で脱獄。

時を経てルフィたちと相まみえるといった流れですが、何よりうれしいのはロジャーが最期の時を迎えるシーンが描かれた0巻が劇場で配られたことでしょう。シャンクスやバギーといった元乗組員だけではなく、七武海の面々やそれまで登場していたキャラの若い頃が描かれています。シキは映画だけではなく、ロジャーや白ひげの過去を振り返る際に原作でも登場してほしいキャラクターです。


FILM Z(フィルム ゼット・2012年)
元海軍大将だったゼット(ゼファー)が、NEO海軍を結成し海軍基地を次々に襲撃。巨大エネルギーを持つダイナ岩という鉱物を奪い、3つの火山島であるエンドポイントを破壊することを目的に。

ゼットは右腕をバトルスマッシャーという武器に改造していますが、過去に腕を落としたのが現七武海の誰かということが言われています。とはいえ候補は白ひげの息子と自称しているウィーブルしかいないんですけどね。ゼットは黒腕のゼファーの異名をとった伝説の海軍で武装色の覇気の使い手、センゴク、ガープ、おつるさんとは同期のよしみ。赤犬、黄猿、青キジを育てた先生でもあり、原作と大きな関係性と影響をもっているキャラクターです。


FILM DOLD(フィルム ゴールド・2016年)
新世界で旅を続ける麦わらの一味が上陸した、世界最大のエンターテインメントシティ「グラン・テゾーロ」。世界で名を馳せている海賊、海兵、大富豪が集まる場所であり、世界政府公認の独立国家。グラン・テゾーロは、オーナーとして君臨するカジノ王のギルト・テゾーロがゴルゴルの実で操る巨大な黄金船でした。

ギルト・テゾーロは裏世界を牛耳っている張本人で、天竜人をも懐柔する権力を持ち、海軍も手出しできないほど。ドフラミンゴとも繋がっていたがルフィに倒されたことを「迷惑している」と語っています。アニメや原作の時期的に、対ドフラミンゴだったこともありリンクしている内容となっていますし、CP-0や海軍を抜けた後の青キジの登場など原作に繋がるキャラの登場も話題となりましたね。


2019年ワンピース映画の内容予想!

長々と過去作品のことを書いてしましましたが、肝心のスタンピードについての予想を少しばかり。

今までの傾向からすると、その時に連載している原作の内容をかすめるようにリンクさせてくるような気がしています。

原作ではワノ国編がメインとなり、同時進行で世界会議(レヴェリー)も行われ海軍大将と革命軍が衝突、五老星とイム様も何か企んでいます。

関わってきそうな内容として

・海軍は七武海がいらないくらいの戦力を手にいれている
・イム様が見ていた凍結されていた大きめの麦わら帽子
・特報での過去のシーンやロジャー→シャンクス→ルフィと渡った麦わら帽子
・カイドウやビッグマムがいたとされるロックスという伝説の海賊団の存在

などから、ビジュアルの機械のような巨大なモンスターは、海軍が作った新兵器の失敗作で、何かがきっかけで暴走したと予想します。

イム様が見つめていた凍結している何かと関わりがあり、麦わら帽子の伝説についても少し言及されることも考えられますよね。

ただ、原作の根幹には触れないのがお決まりなので、再び過去の大物が一枚噛んでくるのか、ロックスの残党でも出てくると盛り上がるんですけどね。

暴走ということで、やはり失敗作が意思を持って勝手に暴れ回り、完成品の脅威をファンに見せつける内容になるのではないでしょうか。

※2019年2月21日追記

↓特報第2弾とともにあらすじも公開されましたのでチェックしてみてください。

海賊の、海賊による、海賊のための、世界一の祭典 海賊万博。「祭り屋」と呼ばれる万博の主催者ブエナ・フェスタからの招待状を手にしたルフィたち麦わらの一味。導かれるまま会場に着くと、華やかなパビリオンが所狭しと並び、最悪の世代をはじめとする多くの海賊たちも群がり、大きな盛り上がりをみせていた。

万博の目玉は「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」。宝を手に入れ名を上げたい海賊たちによるお宝争奪戦の火蓋が切られた!しかし、海賊たちが熱狂する万博の裏では、別名「最悪の戦争仕掛け人」フェスタの凶行が張り巡らされ、海賊たちを一網打尽にしようと海軍までもが動き始めていた―――。

時代の覇権を左右するお宝争奪戦が熱を帯びる中、突如、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入。ルフィたちの前に恐るべき脅威となって立ちはだかる!

狂乱する海賊と、事態の収束を諮る海軍、さらには王下七武海、革命軍までもが参戦。敵味方入り乱れ類を見ない大乱戦が巻き起こる。お宝争奪戦と海賊万博は予測不能の大混乱へと陥って行く!!

参照:ONEPIECE.com

ワンピースイベントに関する記事もあわせてどうぞ↓


まとめ

ワンピースの最新映画STAMPEDE(スタンピード)は、2019年8月9日(金)に全国ロードショーで公開されます。

アニメ放送20周年、ワンピースもワノ国に入って残す敵は大物ばかりとなってきましたし、さらなる盛り上がりを見せること間違いないでしょう!

数々の伏線や謎が残っているのであれこれ考察するのも楽しいですが、2019年の夏は純粋にワンピースの世界に浸りたいですね。