市井紗耶香は千葉県船橋市出身でブログ収入は1000万円?子どもは何人?


参照:mama cosme

市井紗耶香さんと言えば、誰もがモーニング娘。の元メンバーというのが一番最初に浮かんできますよね。

とはいえ、モーニング娘。を卒業して2019年で19年という長い年月が経っているなんて・・・。

現在は、テレビ・ラジオ・トークイベント・モデル・ママタレントなど、マルチな活躍を見せています。

さらにはブログ収入もなかなか凄いことになっているようですね。



スポンサーリンク

市井紗耶香さんは千葉県船橋市出身!

1983年12月31日に千葉県船橋市で生まれた市井紗耶香さん。

1998年5月に14歳でモーニング娘。に保田圭さん、矢口真里さんと一緒に2期生として加入。

しかも1998年大晦日(誕生日)には紅白歌合戦に出場と、華々しいアイドル生活に身を置きます。

中学3年でデビューしましたが、いきなり有名人になってしまった市井紗耶香さんが通っていたのが船橋市立高根台中学校でした。

名前:市井紗耶香(いちいさやか)
生年月日:1983年12月31日
出身地:千葉県船橋市
身長:158cm
事務所:エスダブル
デビュー:1998年

中学生当時、2学年したには山下智久さんが在籍していたとブログで触れています。

しかし、山下さんが転向してきたのは中学2年だったという噂もあり、どれが本当なのかは怪しくなってきています・・・。

2019年の母の日には、姉家族や子どもたちと船橋でゆっくり過ごしたことがブログで報告されています。

ららぽーと船橋に出かけていたようですが、周りからはバレたりしないんでしょうかね。

市井紗耶香さんのブログ収入は1000万円?

こちらは、ちょっと古いですが2012年の芸能人ブログ月収ランキング。

ブログだけで月収108万円以上、年収に換算すると1,300万円ほどになるんですって。

しかも、2019年もブログは多くの方に読まれているようなので、収入は大幅に減っていることはないでしょう。


これが副収入なのだから驚きですよね・・・。

モーニング娘。に在籍していたのは、たったの2年という短さだったのですが、その時の収入が月収12万円

なんともまあ・・・。

今では文章をさらっと書いただけで10倍は稼いでいます。

市井紗耶香さんの経歴は?

2000年にモーニング娘。を卒業し、同時に休業。

シンガーソングライターとしてソロデビューしたいと語っていましたが、2001年に「市井紗耶香 with 中澤裕子」として再デビュー。

さらには、2002年にはシャ乱Qのたいせーと吉澤直樹さんと「市井紗耶香 in CUBIC-CROSS」というバンドを結成。

2003年には吉澤直樹さんとの間に子どもができたことが発覚し芸能界を引退し結婚・出産。

2009年に再度芸能界に復帰し、以前のとっつきにくそうな雰囲気からガラッと変わり地上波にも出てくるように。

2014年には、「大人AKBオーディション」という企画ものグループに応募。

最終で落選しますが、ハロプロ出身なのに48グループを受けたことを有吉反省会にて反省。

みそぎとして、お風呂屋さんで会えるアイドルというコンセプトのアイドルグループ、OFR(おふろ)48のオーディションを受け、こちらは合格。

2018年には、卒業から18年目でやっとハロプロライブに登場。

加護亜依さんも出たことで、ファンのなかには「平成最後の事件」なんて表現する人も。

ラジオも人気のようです。



市井紗耶香の子どもは何人?

CUBIC-CROSSのメンバー吉澤直樹さんとの間に子どもができたことで、2004年5月に結婚。

同時にバンドの解散、芸能界引退。

2004年8月に第1子となるの長女(くるみちゃん)を出産。

2007年、第2子の次女(みうちゃん)を出産。

2011年5月23日に離婚。

2012年7月には、知り合いの美容師「しげおさん」と再婚(2人ともバツイチ)。

2013年3月25日、第3子の長男(たおくん)を出産。

2017年4月14日、第4子となる三女を出産。

離婚から結婚・出産までが短いこともあり、結婚生活とかぶった不倫なのでは?と疑問の声もありましたが、本人はきっぱり否定しています。

再婚するかどうか葛藤があったようですが、お互いバツイチでくろうが分かり合えることもありみ切れたようですね。

まとめ

元モーニング娘。の市井紗耶香さんは何度も活動を休止しながらも、4児のママとして芸能界に復帰。

モー娘。時代は、プッチモニで一緒だった後藤真希さんの弟・祐樹さんとも交際していたとされていますし、男性関係は派手だった印象。

とはいえ、ブログで確固たる地位を築きあげたこともあるので、仕事が順調にいかなくなっても安泰とはうらやましい限りですね。