センター試験に謎キャラ登場!3D化も話題に!2018年はムーミン


参照:寺井(@c_alex_x)さん

2019年のセンター試験が1月19日(土)・20日(日)の2日間、全国で行われました。

毎年問題の不備や運営側の不備、天候不良による交通の乱れにより再試験などが注目されますが、2019年は問題に謎キャラが登場して話題に!

それでは、センター試験2019に登場した謎キャラについて、3D化や2018年のムーミンも登場についても見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

センター試験2019に謎キャラ登場!?

2019年1月19日のセンター試験1日目、英語のリスニング問題に謎のキャラクターが登場して話題となっています。

そのキャラクターが1問目から出現し、試験を受けた方からは「いきなり笑わせに来るな」といった意見も聞かれましたね。

その問題の画像がこちら。

4択問題のようで

1.手足と羽の生えた顔つきリンゴ
2.手足と羽の生えた顔つきニンジン
3.手足が生え筋肉のある腕のキュウリ
4. 手足が生え筋肉のある腕のブドウ

明らかに笑いを誘っている問題であり、話題になることを想定しているとしか思えない問題ですよね。

筆者自身英語は苦手ですが、問題からすると2人の会話で

M「うちらで新キャラの漫画作ろぜ」
W「いいね。野菜なんてどう?」
M「いいじゃん。強い印象で羽があって飛べるとかね」
W「グッドアイデア」

といった具合の会話が繰り広げられていますね。

それに対して問題は
「この中のどのキャラクターがそれに値しますか?」
のようなニュアンスでしょうか。

野菜で羽が生えて飛べそうなキャラクター・・・2番目のニンジン君ですか、いや、どれも弱そうなので白紙でも正解かもしれませんね(笑)。

センター試験2019に謎キャラ登場で3D化され話題に!

センター試験が終わると早速Twitterを中心にSNSで話題となった謎キャラ4人組

二時制作合戦が繰り広げられているとのことで取り上げてみたいと思います。

センター試験に負けないくらいの力の入れようですね。

3Dプリンターでレンダリングしたということで、二次制作のなかで群を抜いて優勝でしょう!

他にも

みなさん本当にアップするのが早くて驚きです!



センター試験2018年はムーミン問題


2018年のセンター試験では、地理Bにおいてムーミンの舞台がどこなのか問われ、正解がフィンランドだということが大きな問題に。

大学や学生だけではなく、フィンランドのソイニ外相と河野太郎外相が会談するまでに発展。

しかも「ムーミンは一人一人の心の中にいる」という謎解決!

何が問題なのか疑問に思うかもしれませんが、本当の答えは「ムーミン谷」。

作者のトーベヤンソン(Tove Jansson)氏はフィンランド人ですが、ムーミンがフィンランドに住んでいるという情報は明記されたことはなく、あくまでムーミン谷という架空の世界が舞台。

これには出題ミスとの指摘が相次ぎ対応が注目されましたが、今までと見解に変わりはないと運営側が発表。

作成者がウケを狙ったがゆえに、受験生ではなく出題者側が「スベッて」いるという皮肉なことが起きてしまったんですね。

まとめ

センター試験のリスニングテストで登場の謎キャラクター四天王。

毎年テスト内容が何かしら話題になりますが、出題者がおもしろがっているようにしか思えませんよね。

試験に関係ない人は気楽に笑えますが、年々ヒートアップしないことを祈っています。