BMX早川優衣の高校や成績は?千鳥ノブの姪っ子でオリンピック出場は?

10代の活躍が著しいBMXレースにおいて、実力もさることながら見た目もかわいいと注目の選手がいるのをご存じでしょうか?

それが東京オリンピック出場の期待もかかる早川優衣さん、「炎の体育会TV」にも登場して話題にもなっています。

しかも、ただの女子高生ライダーとしてだけではなく、千鳥のノブとの関係も大きな反響を呼んでいるんですよ。



スポンサーリンク

BMX早川優衣さんの高校や成績は?

早川優衣さんは、2020年の東京オリンピックを19歳で迎えます。

大事な前年の2019年は、興譲館高等学校の3年生という現役の高校生なんですよ。

興譲館高等学校は岡山県井原市西江原町にある私立の学校で、早川さんはスポーツコースを専攻。

んーかわいいですね。

名前:早川優衣(はやかわ ゆい)
生年月日:2001年8月11日
出身:岡山県井原市
身長:163cm
高校:興譲館高等学校

9歳からBMXを始めた早川優衣さんでしたが、きっかけが家族の勧めや憧れていたということではなく「暇だった」からというシンプルなモノ。

それでいてオリンピックに出られるかどうかという選手まで成長しているって才能ありすぎです!

とはいえ、弟の敦哉さんが先に始めていて、練習を見に行ったことで興味を持ったようなので弟がきっかけということも言えるかもしれません。

2011年のジャパンシリーズで優勝する才能を見せ、日本選手権(9~10歳)では2位に。

その後も小学生のカテゴリーでは強さを発揮。

2011年(10歳)
ジャパンシリーズ第4戦(9~10歳)優勝
ジャパンシリーズ第6戦(9~10歳)2位
全日本選手権(9~10歳)2位
2012年(11歳)
ジャパンシリーズ第5戦(11~12歳)3位
2013年(12歳)
ジャパンシリーズ第1戦(11~12歳)優勝
ジャパンシリーズ第2戦(11~12歳)優勝
ジャパンシリーズ第3戦(11~12歳)優勝
全日本選手権(11~12歳)2位
ジャパンシリーズ第4戦(11~12歳)2位
ジャパンシリーズ第5戦(11~12歳)2位
伊豆BMX国際大会(11~12歳)2位

中学生になっても勢いは止まらず

2014年(13歳)
ジャパンシリーズ第1戦(13~14歳)2位
ジャパンシリーズ第2戦(13~14歳)優勝
2015年(14歳)
ジャパンシリーズ第1戦(13~14歳)優勝
全日本選手権(13~14歳)3位
世界選手権準決勝進出
ジャパンシリーズ第2戦(13~14歳)優勝
ジャパンシリーズ第3戦(13~14歳)3位
ジャパンシリーズ第3戦(13~14歳)3位
2016年(15歳)
ジャパンシリーズ第1戦(15歳以上)2位
ジャパンシリーズ第2戦(15歳以上)優勝
ジャパンシリーズ第3戦(15歳以上)優勝
全日本選手権(15歳以上)3位
ジャパンシリーズ第4戦(15歳以上)3位
ジャパンシリーズ第5戦(15歳以上)2位

2016年(15歳)
サイクルピア岸和田BMXコース大会優勝
2017年(16歳)
ジャパンシリーズ第1戦(15歳以上)優勝
ジャパンシリーズ第5戦(15歳以上)優勝
ひたちなかBMX国際大会優勝
2018年(17歳)
ワールドカップ出場
全日本選手権3位
JBMXFシリーズ第3戦 秩父大会優勝
JBMXFシリーズ第4戦 広島大会優勝

2019年からは、BMXレースの強化指定選手に選ばれています。

同世代の日本人選手のなかでは抜群の成績を残していること分かりますよね。

BMX早川優衣さんのオリンピック出場は?

では、期待される東京オリンピックへの出場は叶うのでしょうか?

それが、実際のところかなり厳しくなっているんです。

早川優衣さんが出場を狙うBMXレーシングという競技は、出場枠が開催国の「1」。

まず全体で24人の出場枠があり、開催国枠の1を引いた23人を世界中の選手が争います。

しかし出場枠は個人ではなく国に与えられ、配分は以下のようになっています。

●ランキングによる枠:18枠
ランキング1位・2位に国に3枠(計6枠)
ランキング3位~5位に2枠(計6枠)
ランキング6位~11位に1枠(6枠)
●個人ランキング3枠
●2020年BMX世界選手権の成績2枠

2019年と2020年のワールドカップで好成績を収め、国のランキングを上げなければ開催国枠以外の出場枠を取れなくなってしまうのです。

日本は12位前後となっているので、せめてベスト10に入って枠を2にしてきたいところ。

だからといって早川優衣さんが選ばれるかどうかはライバルとの争いにかかってきます。

1歳年上の丹野夏海(たんのかなみ)が最有力候補とも言われていて、2019年のアジア選手権では優勝を飾っています。

さらに1つ年上の畠山紗英さんは日本女子のエース的な存在で、実績は丹野夏海さんの上を行く選手。

出場枠がたとえ「2」になったとしても厳しいことは変わらないんですよね。

オリンピックとは関係ありませんが高校野球の岡山県大会の始球式に登場し、そのかわいさとは裏腹にナイスピッチングを披露し身体能力の高さを見せていますよ。



BMX早川優衣さんは千鳥ノブの姪っ子!

そして話題となっている千鳥ノブとの関係について。

度々Twitterで応援しているコメントを残していて、時には家に遊びに来たり出かけたりと仲むつまじい姿を見せています。

View this post on Instagram

甥っ子と姪っ子が泊まりに来ました。 #東京オリンピック目指してBMX頑張っとんよ #中学生なんよ #早川優衣と早川敦哉 #日本代表の強化育成選手に選ばれてんねん #お金無いから農道で自転車こいでトレーニングしとんよ #左門豊作みたいなガッツじゃ #明日岸和田で大会あるから興味ある人観に行ったげて #日本よ #こういう若い子達の爆発的なパワーに賭けよう #ダイワサイクルさんはスポンサーになってくれた #最高に感謝 #あとユニクロさん待ってます #ANAさん待ってます #Microsoftさん待ってます #優衣ちゃんはインスタやってるよ

A post shared by 千鳥ノブ (@noboomanzaishi) on

早川さんは「ノブおじちゃん」と呼んでいるみたいですが、何だかうらやましいですね。

本当の娘のようにかわいがっていることが伝わってきますし、本当に愛しているんだなと感じます。

もし、身内がオリンピック選手になったら泣いちゃうんじゃないですかノブおじちゃん。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

まとめ

BMXレーシングでオリンピック出場を目指す早川優衣さんですが、現実的には厳しい状況となっています。

女子のトップ争いの3人がほぼ同世代ということもあって、パリオリンピックまでライバル関係が続きそなんですよね。

さらなる若手も育ってくるでしょうし、今後の成長に期待したいですね。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする