全国ふりかけグランプリ®2019の開催場所や日程はいつ?歴代優勝も紹介!


参照:全国ふりかけグランプリ®HP

ゆるキャラグランプリ®やB1グランプリなど、地域活性化のためのイベントの一つに「全国ふりかけグランプリ®」というものがあるのをご存じですか?

2013年に2回開催され、2014年以降は「全国ふりかけグランプリ®」として開催されてきた、ふりかけをテーマにしたイベントなんですよ。

近年は、ご飯のお供を話題に取り上げたバラエティ番組企画も多く放送され、全国でどのふりかけが一番白米と相性がいいか・・・といった順位付けや勝敗を競ったものが放送されていますよね。

ここでは、全国ふりかけグランプリ®2019の開催場所や日程はいつか、歴代優勝も紹介していきます。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓




スポンサーリンク

全国ふりかけグランプリ®とは?

一般財団法人国際ふりかけ協議会が主催する、ふりかけだけをテーマにしたイベント「ふりかけグランプリ®in熊本」が2013年5月に開催されました。

その後、2013年10月に「ふりかけグランプリ®in福島県いわき市」を開催。

翌2014年から「全国ふりかけグランプリ®」として開催されるように。

「ふりかけ業界の振興・発展」と「お米の消費拡大」を目的とし、ふりかけの発祥地・熊本にて「ふりかけグランプリ®」は始まりました。
第1回目は”ふりかけグランプリ®in熊本”、
第2回目は”ふりかけグランプリ®in福島県いわき市”、
そして昨年10月に、至上最も大きな規模で”全国ふりかけグランプリ®2014″をふりかけの発祥地・熊本にて開催しました。
そんな”全国ふりかけグランプリ®”が今年はさらにパワーアップし、「ドライふりかけ部門」「ソフトふりかけ部門」の2部門で、それぞれグランプリを決定します!
参照:全国ふりかけグランプリ®HP

イベントの流れ


参照:全国ふりかけグランプリ®HP

イメージキャラクターもVTuberにいそうなキャラクターを採用しています。

全国ふりかけグランプリ®2019の開催場所はどこ?日程はいつ?


参照:ボーネルンド

2019年の全国ふりかけグランプリ®は、神奈川県川崎市の川崎競馬場で開催されることが決定しています。


気になる日程は以下のとおり。

2019年11月9(土)10:00~16:00
2019年11月10(日)10:00~16:00(15:00投票受付終了)

過去の開催場所を見てみると

第1回(2013):熊本県
第2回(2013):小名浜アクアマリンパーク(福島県)
第3回(2014):熊本県農業公園カントリーパーク(熊本県)
第4回(2015):熊本市花畑広場(熊本県)
第5回(2016):小名浜アクアマリンパーク(福島県)
第6回(2017):サンロード新市街/熊本市花畑広場(熊本県)
第7回(2019):川崎競馬場(神奈川県)

ふりかけ発祥の地とされる熊本県での開催が多く、福島県と2つの県だけでしたが2019年に関東で初めて開催されることになりました。

九州や東北での開催よりも来場者数が増える可能性が高く、今後の大会では出場メーカーも多くなりそうな予感。

ただ、ゆるキャラやB1グランプリも最初の数年は全国的なブームになるほど盛り上がりを見せていましたが、投票の不正を行う自治体が出てしまう結果となってしまいました。

売れることに目を付けて参入した自治体が増えすぎて、かえって人気衰退の後押しとなってしまった過去があります。

ふりかけもこれらの二の舞にならないように、バランスを取った運営を行っていってほしいものです。

イベント名: 『全国ふりかけグランプリ®2019』 in Kawasaki
日時:2019年 11月9日(土) 10:00~16:00
11月10日(日) 10:00~16:00(15:00投票受付終了予定)
※雨天の場合は、小雨決行ですが、荒天の場合は中止となります。
その際の判断は当日の発表となります。
場所:川崎競馬場 中庭(芝生)
(住所:〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見1丁目5−1)
来場目標:40,000人
主催: 『全国ふりかけグランプリ®2019』 in Kawasaki運営委員会
(一般社団法人国際ふりかけ協議会、㈱フェザンレーヴ、㈱スティールストリート)
協力:㈱よみうりランド
宣伝・告知方法:駅チラシ配布、WEB広告、リリース系メディア、スポーツ紙 等
出展社数・・・ドライふりかけ部門・ソフトふりかけ部門合わせて合計40枠予定



全国ふりかけグランプリ®歴代優勝の紹介

それでは、最後に歴代の受賞ふりかけ上位を紹介しておきますね。

2014年

2015年

2016年

2017年

まとめ

全国ふりかけグランプリ®で上位の賞を取った商品は、通販など試食ができない流通では他のものよりも売れ筋が伸びるのは明らか。

やはり「金賞受賞」といった文字が大きく躍っていたら買ってしまうという人は多いですよね。

これから、度を超した争いが始まらないように気をつけ、純粋に来場者の投票の数のみで続けていってほしいものです。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする