2022年成人式はどう変わる?高校生も成人に!対象の芸能人は誰?

2018年6月13日の参院本会議で成人の年齢が2022年4月1日から18歳に引き下げが決定しました。

大人の方自身はあまり関係ないかもしれませんが、ちょうど2022年に18歳を迎える方やお子さんを持つ親御さんは注目のニュースですよね。

ここでは、2022年の成人式はどう変わるのか、高校生も成人になって対象の芸能人は誰か見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

2022年成人式はどう変わる?

まず、成人年齢が今までの20歳から18歳に変わると成人式ってどうなるの?という疑問が浮かんできますよね。

2022年に18歳の年代はもちろんのこと、2022年に19歳・20歳を迎える年代も成人式を迎えることになります。

つまり3学年一緒に同じ年に行うことになり、1学年でも大変そうなのに通常の3倍になると会場の問題やらいろいろ困るんじゃないでしょうか。

おそらく日にちをずらして式をやったり時間をずらしたりと、各自治体で今から検討していることでしょう。

よくテレビで大きめの公共のアリーナや有名テーマパークで行ってる様子を見ますが、それでも入るか分かりません。

たった一度だけのレアな機会なのでドンピシャの世代はすでにドキドキワクワクといったところでしょうか。

成人式が終わって飲みに行くこともあるでしょうから、そこでレア体験についてみんなで話題にして盛り上がることは間違いなしですね。

ただし20歳を迎えた人だけですよ。

2022年成人式は高校生も成人に!

18歳で成人ということになると、高校在学中に成人と未成年が同じ教室に混在することになります。

選挙権も18歳からとなるので、こちらも選挙に行く人と行けない人で分かれます。

成人式は大人になる実感を持てる人生に一度だけのイベントですし、会えていなかった同級生との再会も楽しみの1つ。

ただ、成人式はたいていの地域では1月の第2月曜日になることが多いので、受験で忙しい人は行きにくいかもしれませんよね。

また、成人式といったら特に女性は振袖などで着飾りたいもの、高校生の場合だと制服で出席は嫌という理由での欠席も多くなりそうな予感がします。

成人式の頃はまだ若いこともあり行きたくないという気持ちも分かりますが、結局後悔している方が多いと思いますのでできるだけ出席してはいかがでしょうか。



2022年成人式の対象の芸能人は誰?

おさらいしてみますと、2022年に成人式を迎えるのはその時18歳~20歳を迎える年代になります。

・20歳
2019年度・高校2年生
2002年(平成14年)4月2日~2003年(平成15年)4月1日生・19歳
2019年度・高校1年生
2003年(平成15年)4月2日~ 2004年(平成16年)4月1日生

・18歳
2019年度・中学3年生
2004年(平成16年)4月2日~ 2005年(平成17年)4月1日生

気になる主な芸能人・有名人ではどんな方がいるのでしょうか?簡単に調べてみましたので載せておきます。

・20歳の代で成人式
Koki(モデル)・紀平梨花(フィギュアスケート)・藤井聡太(将棋)・伊藤ふたば(クライミング)・長崎美柚(卓球)・19歳の代で成人式
中井卓大(サッカー)・張本智和(卓球)・18歳の代で成人式
芦田愛菜(女優)・鈴木福(俳優)・本田望結(女優・フィギュアスケート)・小林星蘭(女優)

19歳の代で迎える方はあまり有名どころは見つかりませんでしたが、その1つ下の子役黄金世代感が凄すぎです。

鈴木福くんなんかは真っ先に反応して、その世代になることを凄く楽しみにしていると話していましたね。

福くんが小学1年生だった頃の『マルモのおきて』からそんなに経ちますか、親や親戚目線で思う方も多いでしょうね。

まとめ

成人と未成年が同じ学年にいるというのも不思議な気がしますが、お酒やたばこなどは今まで通り20歳から。

18歳で成人したからといって勘違いしてそういったものに手を出してはいけませんよ。

もしかしたら兄弟で同じ成人式に出るということもあるでしょうが、兄姉の立場からするとちょっと切ないですね。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする

コメントの入力は終了しました。