平成最後のポテトチップスが発売決定!味や賞味期限やどこで買える?


参照:ローソンHP

大手コンビニのローソンが「平成最期のポテトチップス」という何ともキャッチーなポテトチップスの販売を発表!

みなさんご存じ、2019年5月1日(水)から新元号が始まるということもあって今後も平成最後の○○はこれからも続きそうですよね。

ここでは、平成最後のポテトチップスが発売決定、味や賞味期限、どこで買えるのかをお伝えします。



スポンサーリンク

平成最後のポテトチップスが発売決定!味は?


参照:ローソンHP

ローソンが発売を決定した「平成最後のポテトチップス」は2019年1月29日(火)に販売開始されます。

その名も「湖池屋 平成最後のポテトチップス 濃いめのり塩」味。

担当者曰く、「平成の濃い思い出を振り返りながら、濃いめのポテチを楽しんで」とのこと。

値段は税込165円で、パッケージには平成を代表する言葉が多数描かれている斬新なものに。

写真を見る限りですが

ゆとり教育
ありがとう平成
2000円札
バブル経済
地域振興券
センター試験
アベノミクス
消費税3%→5%→8%
コギャル
リーマンショック
IT革命
ベルリンの壁
沖縄サミット
郵政民営化
メイド喫茶

などなど。

社会や政治的な言葉が中心ですが、平成を思い返しながら「あの頃は○○していたなー」なんて話ながら食べるのもいいですよね。

見なくなった2000円札は沖縄で多く流通していて、ATMでは2000円札を含めるかどうか聞かれるんだよ。

とか

15歳以下に配布された地域振興券、実施年にギリギリ16歳で受け取れなかったんだよね。

など、最近クイズ番組でも取り上げられるものも多いですが、雑学や体験談で盛り上がるのも楽しいですね。

平成最後のポテトチップスの賞味期限はいつまで?

平成最後のポテトチップスの販売は、先ほどもお伝えしましたが1月29日(火)からとなり、賞味期限は平成31年4月30日(火)まで。

つまり2019年31年4月30日(火)、もちろんお菓子なので実際の賞味期限はもっとあるでしょうけれど・・・。

下の方に大々的に賞味期限がプリントされていますし、白と黄色のパッケージは陳列されるとインパクト大ですね。

追加生産したら賞味期限は延びてしまうので、初回限定生産なのか?といった疑問もさっそく話題に。

また、パッケージに書いてある言葉の中に消費者にとっていいイメージがない消費税や失敗した地域振興券などがあり、楽しい気分になれないという意見も。

しかしSNS映えすることも期待されますし、期間限定ということで瞬間的に爆売れすることは間違いなしでしょうね。



平成最後のポテトチップスはどこで買える?

平成最後のポテトチップスは、ローソンストア100を除く全国のローソン店舗限定商品となります。

店頭に並ぶのは売り切れ次第終了とのことで、争奪戦が繰り広げられるのは目に見えていますよね。

湖池屋の公式ホームページでの通販が可能かは発表されていませんが、店頭のみの可能性が高いでしょう。

平成最後の○○商法として今後も多くの企業が打ち出すと思いますし、やったもん勝ちで先陣をきったのは成功ですね。

気になるのは、他の通販ショップやオークションでの転売目的で大量購入されることが問題になりそうだということ。

とはいえ、話題性のためにも一度は購入して食べてみようかなとは思います。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓



まとめ

平成最後の○○のキャッチフレーズでの商法は、予想されていましたので検討していた企業ははやられたという状況ではないでしょうか。

後出しだとマネだと思われますし、ありがたみも薄れちゃいますからね。

平成最後というビッグイベント、ポテトチップスをつまみながらゆったり過ごすのもいいかもしれませんよ。