吉本興業・大崎会長が辞任したら松本人志も「事務所を辞める」発言【ワイドナショー】

7月20日の宮迫博之さんと田村亮さんが2時間半の記者会見をしたことを受けて、翌21日のワイドショーは緊急生放送に。

松本人志さんと東野幸治さんが、踏み込んだコメントを発言。



スポンサーリンク

吉本興業・大崎会長が辞任したら松本人志さんも「事務所を辞める」発言

会見の翌日、松本人志さんと東野幸治さんが吉本興業を急遽訪れ、大崎会長と岡本社長の4人で話し合いがもたれました。

その中で、社長は会見をしなくてはいけないと進言。

ワイドナショー独占取材により、コメント映像がオンエアされました。

7月22日(月)に記者会見を開くことを明言。

吉本興業と反社会勢力との繋がりがあるのか。

本当に、パワハラ発言があったのか気になるところです。

話し合いでは、大崎会長が責任を取って辞任するということも考えていると発言したとのこと。

ただし、松本さんは大崎さんあっての吉本だと言い、全力で止めると。

ワイドナショーでは、もし大崎会長が辞めたら、自分も吉本を辞めると爆弾発言も飛び出しました。

じんわり涙目になっていたように見えた・・・。

松本興業設立か!?

松本さんは、騒動の初期から吉本とも話し合いを行い、このままではダメだと注意。

こんな状態では、俺もここには居られないと、社員に言ったという。

また、不祥事を起こした芸人やイエローカードを受けた芸人を受け入れる部署「松本興業」を作ってくれと提案。

「保証人になるから」と、そうとう踏み込んだ発言も多く飛び出しました。

さらに、松本さん、東野さんはじめ、上層部と若い頃から番組を作ってきたメンバーは、若手との橋渡しをするから相談してくれとコメント。

浜田雅功さんや今田耕司さん、明石家さんまさん、誰にでもいいからと。

東野さんは、他のメディアでは触れなかった、「在京5社、在阪5社のテレビ局が株主やから大丈夫」というタブーまで言及。

ただし、吉本サイドの意見を聞いていないので何とも言えない部分もあったようですが、公平な立場での意見が多かったと感じます。



吉本はこのままでは壊れる

このままでは吉本は潰れる」と危機感を持った松本さんと東野さん。

会見が思っていたよりもハードな内容だったため無視できないと発言。

松本さんは

「僕の知らなかったことが多すぎて、だまされた気になった」

「吉本興業がこのままでは壊れていくという危機感を持った」

「時代を読み間違えた会社なのかなと思った」

とコメント。

最後には

指原からのツイートに触れしっかりと笑いを取っていた・・・。

まとめ

岡本社長は、マネージャー時代から横柄な言い方をすることがあったようで、松本さんは以前から気になっていたという。

そんな岡崎社長がどんな会見を開くのか大きな注目が集まります。