新元号令和で免許証の表示が変わる?再発行は必要?免許番号の意味!


参照:パブリックドメインQ

2019年5月1日(水)から令和になることが決まっていますが、運転免許証って平成○年まで有効と記載されているのでどうなるのか気になりませんか?

免許証の有効期間は違反があるかどうかで違いがあり、3年や5年といったスパンで更新しますよね。

2018年に更新した方や2019年4月に更新した時では何か違いはあるんでしょうか?

ここでは、新年号で免許証の表現が変わるのか再発行は必要なのか、免許番号の意味についてお教えします。



スポンサーリンク

新元号・令和で免許証の表現が変わる?


参照:au Webポータルニュース

新天皇が即位するのが2019年5月1日(水)となり、平成31年はたった4ヶ月で終了してしまいます。

運転免許証は違反がなければ5年、過去3年間に違反があるもしくは新規の方は3年での更新が一般的です。

有効期限の誕生日前後1ヶ月の間に更新しないといけませんが、2017年・2018年なんかに更新した人は平成31年5月以降が記載されているはずです。

ただし、2019年3月頃からは西暦での表記に変更されることが2018年8月に決まりました。

3月生まれで2月でも4月でも更新に行ける方は、どっちを選択するかで悩めるというちょっとうらやましいこともありますね。

新元号・令和で免許証の再発行は必要?


参照:岩手日日新聞社

では、平成表記の時に免許更新をした方は修正するために免許センターや警察署に出向かなければいけないのでしょうか?

平成32年が2020年ということはすぐに分りますし、これは仕方のないことでもあるので行く必要はないでしょう

ただ、平成34年とかになってくると「あれ?西暦だと何年だっけ」となるかもしれませんね。

もし必ず西暦に変えなくてはいけないということになったら、全国で交通を担当している警察官が忙しすぎて笑えませんよね。

しかし、この西暦に変更するのって実は元号が変わるからではないんですよ

外国人の免許取得が多くなってきていることもあって、日本人でなくても分かる西暦にしていくんですって。

変更するにあたってシステム上で難しい問題があるため変更に時間がかかっているようで、ようやく3月に目処がついたということのようです。



運転免許証番号の意味!


参照:ラジオライフ.com

運転免許証を紛失した際などに行う再発行ですが、実はしっかりと記載されちゃうんですよ。

そのため一見変わらないように見えても、よく見ると「この人の免許証2枚目だ!」ってバレちゃいます。

それが書かれているのは12桁の免許証番号で、それぞれの桁にはちゃんと意味があったのです。

①1~2桁
都道府県コード(例:東京30 大阪62)

②3~4桁
取得した西暦の下2桁

③5~10桁
都道府県(公安委員会)の管理番号

④11桁
検査数字(チェックデジット)という偽造防止

⑤12桁
再発行した回数

つまり⑤の最後の1桁を見れば、この人が再発行しているのかしていないのかが分かってしまうんです。

ちなみに交付日のとなりに書かれている⑥の5桁数字は、当日交付された人たちの通しナンバーのようなもので、警察が照会する際はこれを伝えています。

まとめ

2019年5月1日(水)に幕を開ける新元号ですが、運転免許証の中には平成の余韻が漂いますね。

個人的には平成34年のように架空の年が載った免許証は、持っている人が多くてもレア感があって好きです。

そろそろ免許更新が迫ってきた方で、このようなことになっていることに気づいてない場合は、来ることのない平成表記に驚くかもしれませんね。



コメントの入力は終了しました。