女子バレー黒後愛のネックレス!高校時代やオリンピックのライバルは?


参照:⒞フジテレビ

女子バレー日本代表の黒後愛さんは、木村沙織2世とも呼ばれ次のエース候補として期待の大きい選手です。

アウトサイドヒッターとして古賀紗理奈さんとともにダブルエースをになっていますが、なかなか強豪国には通用していない部分が多いのが現状でしょうか。

2018年9月の世界バレーでは、初の大きな世界大会でスターティングメンバーとして出場し活躍していましたが、相手が強いとすぐに交代し控えに回されていましたからね。

ここでは、黒後愛さんが試合中に着けているネックレス、高校時代やオリンピックのライバルについてお伝えしていきます。



スポンサーリンク

女子バレー黒後愛さんのネックレス!

アスリートの中には、スポーティーなネックレスをしている人が多いように感じますが、黒後愛さんもその一人。

ショートの髪型に笑顔が特徴的な黒後さんですが、自分の調子によって表情の明暗がすぐに分かってしまうのも印象的。

ネックレスが似合っているかどうかは置いといて、テレビで試合を観ていても気になる人は多いのではないでしょうか。

着けているネックレスはファイテン社の製品であるこちら。

RAKUWAネックX100ミラーボール
カラー:ブラック/ゴールド・シルバー/シルバー・アースカラー
サイズ:40cm・45cm
価格:9,720円(税込)
【ファイテンオフィシャルストア】公式通販サイト

効果などについてはこちらでも紹介しています↓

女子バレー黒後愛の高校時代!


参照:首都圏模試センター

高校を卒業すると2017年に東レ・アローズに入団しすぐにレギュラーをつかみ取り、Vプレミアリーグ2017/18の最優秀新人賞を受賞。

2017年には日本代表にも選ばれ、まさに順調に代表エースとしての道を歩んできている印象ですよね。

高卒ですぐに代表レギュラーというだけでも凄いことなのですが、黒後さんの場合は下北沢成徳高校時代からすでに大注目選手でした。

名前:黒後愛(くろごあい)
生年月日:1998年6月14日
出身地:栃木県
身長:180cm
出身校:宇都宮市立若松原中学校→下北沢成徳高校
所属:東レ・アローズ

黒後愛さんは、5歳上の姉・彩乃さんの影響で、小学3年生の時にバレーボールを始めます。

中学2年生で、全日本中学選抜に選ばれ、3年生の時には全国大会で2回戦敗退という結果にもかかわらず優秀選手賞を受賞する異例さを見せました。

下北沢成徳高校に進学すると個人でもチームでも数々の華々しい結果を残します。

2014年度(高校1年)
・Team CORE(東京オリンピック強化選手)に選出
・春高バレーベスト8
2015年度(高校2年)
・全日本ユースに選出
・世界ユース選手権でベストサーバー
・春高バレー優勝(MVP)
2016年度(高校3年生)
・黒鷲旗でデンソーに勝利(若鷲賞)
・インターハイ優勝(優秀選手賞、ベスト6)
・春高バレー優勝(MVP)

下北沢成徳高校はバレーの強豪校として知られていますが、少し前だと荒木絵里香さんや大山加奈さん、木村沙織さんなどを輩出しています。

当時からサオリン2世と紹介され、バラエティ番組のミライ☆モンスターでは当時から最多6回の登場と注目度は高かったんですよね。

木村沙織さんも17歳で代表に入っていましたが、総合的に見てそれ以上の能力を秘めていると言われることも。

ただ、残念なことに東レにいた木村沙織さんが2017年3月に引退し、黒後さんの入団が4月で惜しくも一緒にプレーできませんでした。

これも、なんだか縁を感じますね。

まずはアタックが止められまくった時に、攻めのバリエーションを増やして打開できるようになってもらいたい。



女子バレー黒後愛さんの家族も春高バレー経験者

先ほどバレーのきっかけは姉の彩乃さんの影響とお話ししましたが、実はお姉さんだけではなく両親もバレーボール経験者。

しかも3人ともただバレーをやっていただけではなく、みなさん春高バレー経験者。

父・洋さん
宇都宮大学女子バレーボール部監督、教授
宇都宮東高校で春高バレーの前身である全国バレーボール選抜優勝大会に出場
筑波大学に進学

母・裕子さん
春高バレー経験者。筑波大学女子バレー部出身

姉・彩乃さん
國學院栃木高校で春高バレーに出場
宇都宮大学では父が監督のチームでキャプテンとエースを務める


参照:⒞TBS 世界バレー

その中でも愛さんが突出した成績を収めてますが、この家族あっての活躍なのは言うまでもありませんね。

相談相手ということなので、精神的な支えにもなっているようです。

将来は今以上の活躍で誰もが認める日本のエースになってくれると信じたいですね。

女子バレー黒後愛さんオリンピックのライバルは?

アウトサイドヒッターとして日本代表に選ばれている黒後愛さんは、東京オリンピックメンバーに選ばれるのか気になるところ。

現在の絶対的エースとして古賀紗理奈さんが一歩リード。

※ワールドカップでの絶不調によって石井優希石川真佑新鍋理沙長内美和子よりも序列が下がってきて、古賀紗理那さんのオリンピックも怪しくなってきましたね。

2018年の世界バレーでは、2番手のエースとして中田久美監督の秘蔵っ子としてレギュラーに抜擢。

しかし、試合を重ねる度に出場時間は減っていき、かつてのエース石井優希さんにポジションを奪い返されてしまいます。

さらには、ピンチの時に頼りになる新鍋理沙さんを含めて外すことができないメンバーとなっているんですよね。

当時はサウスポーの長岡望悠さんも頼れる活躍を見せましたが、怪我で離脱。

将来性は一番ある黒後愛さんと言えど、東京オリンピックメンバーに残れるかは微妙なところで当落線上にいる状況でしょう。

2019年になっても期待されスターティングメンバーに名を連ねますが、今度は変わって入った長内美和子さんが急成長。

守備に難のある黒後さんは、得点で誰よりも取れるようになるか、守備である程度安定しなければキツいかも!?

ただ、ピンチの時に流れを変える選手というよりは、先発で一気にたたみかけるイメージなので調子が悪いときでもすぐに立て直せるかどうかが今後の課題となってきそうです。

まとめ

サオリン2世とも呼ばれ、女子バレーの新エースとして登場した黒後愛さんですが、一度調子を崩すとなかなか立て直せないのイメージが付いてしまいました。

ノっている時ははじける笑顔で明るく勢いをもたらしてくれますが、調子が悪くなると明らかに暗い表情に・・・。

攻撃のバリエーション守備力の向上、この2つをどうにか克服すれば東京オリンピックも見えてくると思うんですけどね。

女子バレー選手の記事一覧
女子バレー・リベロ井上琴絵の太もも筋肉が凄すぎ!コスプレもかわいい

女子バレーリベロ小幡真子は下手?阿佐ヶ谷姉妹に似ている?

女子バレーリベロ山岸あかねがオリンピック出場?ストレッチやかわいい画像

女子バレー田代佳奈美はルーマニア・ブカレスト所属!?セッターの実力は?

女子バレー宮下遥の落選と代表復帰・オリンピックに出られる?高校は?

女子バレー佐藤美弥の汗が凄い!?かわいい寝顔やストレッチ画像も

女子バレーセッター関菜々巳はオリンピックに選ばれるか?高校や太もも

女子バレー新鍋理沙の身長や出身高校|代表に選ばれる理由や似てる人は?

女子バレー石井優希ストレッチ画像!身長・高校やオリンピックのライバルは?

女子バレー古賀紗理那の中学高校時代・ストレッチ画像やライバルは?

女子バレー黒後愛のネックレス!高校時代やオリンピックのライバルは?

女子バレー鍋谷友理枝がゴーグルを付ける理由やメーカーは?

女子バレー長内美和子の日立・日本代表の活躍や中学高校|かわいい画像も

女子バレー石川真佑の笑顔がかわいい!高校時代や兄の祐希は男子エース

女子バレー荒木絵里香のブロックの高さ!旦那の四宮洋平はラグビー選手

バレー奥村麻衣はタイ所属でJTの退団理由は?出身校やピアスが気になる

女子バレー岩坂名奈がキャプテンの理由!高校時代や新鍋理沙との関係

女子バレー芥川愛加の高校は?怪我で遅咲き?高さ・オリンピック出場は?

女子バレー島村春世はなぜ黒タイツ着用?オリンピックは絶望か?



関連コンテンツ



シェアする

フォローする