新元号で休みが増える?2019年ゴールデンウィークは10連休!


参照:PAKUTASO

2019年には平成から新元号に変わるというビッグイベントが待っています。

5月1日(水)に今の皇太子さまが天皇になりますが、即位の日と即位礼正殿の儀の2日が国民の休日になるというんです。

ゴールデンウィークの最中なのでどんなカレンダーになるのか気になっている方も多く、旅行や家族サービスなんかも考えていることでしょう。

ここでは、新元号で休みが増えるのか、2019年ゴールデンウィークは何連休なのか、否定的な人もいるとう噂も聞くので紹介します。

こちらの記事もあわせてどうぞ↓

あそびごころ

あそびごころ

あそびごころ

あそびごころ



スポンサーリンク

新元号で休みが増える!?

先ほども書いたように即位の日を巡っては、当別法案「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律案」が話し合われていました。

12月4日に衆議院で可決され、参議院も通ったことで休日になることが決定したのです。

つまり即位の日である5月1日(水)と、即位礼正殿の儀の行われる10月22日(火)は1年限りの特別な休みになるのです。

昭和から平成に変わった時と違い、天皇が生前退位をするので特別暗い気持ちにもならないですし、暦通りの働き方をしている方にはうれしいですよね。

ただ逆に、ゴールデンウィークが繁忙期となる業種の場合、今までだったら休みになっていた平日に出勤ということもあると思うので賛否はあるでしょうか。

2019年ゴールデンウィークは10連休!

さて、実は5月1日だけが休みではなく、なんと2019年のゴールデンウィークはカレンダーどおりだけでも10連休なのです!

なぜかというと、あまり知られていないと思いますが、祝日と祝日で挟まれた1日だけの平日は国民の休日になると祝日法で決まっているんです。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、以下のような日程になります。

4月27日(土):通常の土曜日
4月28日(日):通常の日曜日
4月29日(月):昭和の日
4月30日(火):祝日法により休日
5月1日(水):新天皇即位の日
5月2日(木):祝日法により休日
5月3日(金):憲法記念日
5月4日(土):みどりの日
5月5日(日):こどもの日
5月6日(月):振替休日

これだけ休みが続いたら、連休明けの出勤はそうとうキツそうですし、最後の3日くらいは終わらないで!と祈りたい気分でしょうね。

みなさんは何をして過ごすか決まっていますか?こんな機会は滅多にないので存分に楽しんで良い思い出を作って下さいね。



10連休が否定的な人はいる?

これだけ休みになるとうれしいはずですが、果たしてそうなのでしょうか?

例えば、普段から家にいることの多い専業ママさんなんかは、お子さんや夫が家にずっといる生活が待っていますよね。

お昼を多く作ることになりますし、出かけたくても人が多くて嫌だという人もいるでしょうし。

さらにパートやアルバイトに出ている方も、連休中の休み争奪戦に負けてしまって出勤する羽目になる可能性も。

子供たちの宿題も増えるでしょうし、5月病ならぬG.W.病で学校に行きたがらない子も出てくるかもしれませんよね。

出かけるにせよゆっくりするにせよ、早いうちから計画を立てておいて、結局何にもしないで終わっちゃったというのは避けておきたいですね。

まとめ

2019年のゴールデンウィークは、天皇即位の日と祝日法によって10連休というまさにゴールデンなイベントとなります。

みなさんだったらどう過ごしますか?早めに計画を立てておくとスムーズに過ごせると思いますよ。

しかも2019年だけのスペシャルな10連休なので、特別な人と過ごしてもいいでしょうし、あえて一人旅というのも楽しいかもしれませんね。