2020年は休みが増える?何連休?東京オリンピックとの関係は?


参照:東京2020公式ホームページ

みなさん朗報です!2020年は休日が変更され連休が増えることをご存じでしょうか!

2018年6月13日に参院本会議で2020年の祝日についての話し合いが行われ決まっているんです。

2020年といえば何といっても東京オリンピックですが、どうやら関係があるようなんですよね。

それでは、2020年は休みが増えるのか、何連休なのか、東京オリンピックとの関係について見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

2020年は休みが増える?いつ?

早速ですが、変更が決定した国民の休日について見てきます。

関係してくる祝日は体育の日・海の日・山の日の3つになりますので、どのように変わるのか説明しますね。

体育の日は10月の第2月曜日と定められていて2020年は10月12日、変更後は7月24日(金)と大幅に移動します。

海の日は7月の第3月曜日、本来2020年は7月20日ですが7月23日(木)へ、山の日は8月11日(火)から8月10日(月)に変更となるんです。

まとめると

・海の日:7月20日(月) → 7月23日(木)
・体育の日:10月12日(月) → 7月24日(金)
・山の日:8月11日(火) → 8月10日(月)

子供たちにとっては夏休みでしょうからあまり関係ないかもしれませんが、大人にとっては休みがどうなるのかは大きな問題でしょう。

海の日や山の日は少しズレただけですが、体育の日は普段なら休みになる10月12日が平日になってしまうので後で気になってきそうですよね。

2020年は何月に何連休になるの?

先ほどお伝えした祝日の変更ですが、よく考えてみると7月23日(木)から4連休ではありませんか!

7月は年々暑くなってきていますので通勤が厳しいという方もいるでしょうしありがたい連休でしょうか。

また、旅行やキャンプなどレジャーに出かける方にとってはボーナスお休み、3連休でもうれしいのに4連休とはすばらしいですよね。

さらに8月の山の日は火曜日にあった祝日が月曜日になったことで、こちらも3連休です。

今回とは関係ありませんが、9月19日(土)~22日(火)のシルバーウィーク的4連休もあります。

2019年は天皇即位によってゴールデンウィーク10連休がありますし、2020年も連休が多く今から何を計画しようか悩んじゃいますね。



東京オリンピックとの関係は?

これらの祝日の改正は2020年だけの特別な処置なので、2021年以降は元に戻るので注意してくださいね。

では、なぜ2020年だけなのかと言うと、それはもちろん東京オリンピックが関係しています。

オリンピックは開会式が7月24日(金)で、閉会式が8月9日(日)となり、それを挟む形で祝日が充てられました。

これは、各出場国の関係者・選手団や偉い人たちを迎えるために、交通規制が行われるためなのです。

そりゃそうですよね、普段通り通学や通勤する人がいればそれだけ渋滞や警備にも難しいところが増えてきますからね。

もともと体育の日も1964年の東京オリンピック開催日からできた祝日でもあるので、2020年以降もまた祝日が増えるかもと期待しています。

まとめ

2020年は東京オリンピック・パラリンピックで盛り上がること間違いなしですし、休日が増えてうれしいことだらけ。

2019年にはラグビーワールドカップ、2025年には大阪万博と国際的なイベントが盛りだくさんです。

働き方改革も注目されていますし、今後もどんどん楽しみが増えてストレスのない生活をしていきたいですね。