笑ってはいけない2019のロケ地はいつどこで?テーマや目撃情報

吉本興業の度重なる問題もあって、いよいよ笑ってはいけないシリーズも終了かと感じた人もいたのでは!?

しかし、相変わらず2019年ももやるみたいで安心したことでしょう。

とはいえ、ロケに参加した佐野史郎さんが腰を骨折するという事故も発生。

心配さますが、毎年恒例のロケ情報の拡散が行われ話題となっていますね。



スポンサーリンク

笑ってはいけない2019のロケ地はいつどこで?

笑ってはいけない2019のロケは、茨城県つくば市で行われたようですね。

11月4日(月)と5日(火)に撮影が行われた模様です。

・つくばウェルネスパーク
・つくば市立筑波東中学校跡
・つくば市立筑波西中学校跡

基本は廃校になった学校を使用して行われていますが、ここ2年は千葉県勝浦市で行われていたので当分千葉県なのかと思っていたんですけどね。

いい跡地が見つかったのでしょう。

今回の舞台となる「県立ヘイポーお豆ヶ丘高校(豆高)」はつくば市立筑波東中学校跡が濃厚です。

となると、鬼ごっこがつくば市立筑波西中学校跡かつくばウェルネスパークということでしょうかね。

笑ってはいけない2019のテーマは?

笑ってはいけない2019のテーマは11月の下旬に発表されるかと思いますが、現状では高校が舞台ということだけ分かっています

11月20日に発表があり、「青春ハイスクール24時」に決定!!

「県立ヘイポーお豆ヶ丘高校(豆高)」とのことですが、シリーズで3は度目となる学校もの。

2005年「笑ってはいけない高校」、2012年「笑ってはいけない熱血教師」以来ということになります。

となると、ヤンキー高校やガチガチの進学校、スポーツメインの感じなのか・・・。

ラグビー日本代表で、まっちゃんに似ていると言われた中島イシレリさんがどこかで登場してきそうですが・・・。

ここ数年は、パターンが同じでつまらない内容になっているのが気になるところでしょうか。

クレームが入るからなのか、かなりカットしていて後日未公開を放送するパターンが定番化しています。

最初のバスでの内容がもはやピークという面白さでしたが、それさえも短くなってつまらないですしね。

令和最初ということもあるので、どうか楽しく面白い内容をお願いしたいものです。

笑ってはいけないシリーズ一覧
1.温泉宿一泊二日の旅(2003年7月27日・8月17日)
2.温泉宿一泊二日の旅in湯河原(2004年12月28日)
3.高校(ハイスクール)(2005年10月4日)
4.警察24時(2006年12月31日)
5.病院24時(2007年12月31日)
6.新聞社24時(2008年12月31日)
7.ホテルマン24時(2009年12月31日)
8.スパイ24時(2010年12月31日)
9.空港24時(2011年12月31日)
10.熱血教師24時(2012年12月31日)
11.地球防衛軍24時(2013年12月31日)
12.第脱獄24時(2014年12月31日)
13.名探偵24時(2015年12月31日)
14.科学博士24時(2016年12月31日)
15.アメリカンポリス24時(2017年12月31日)
16.トレジャーハンター24時(2018年12月31日)

最初はメンバーの罰ゲームから始まり、レギュラー放送の企画だったんですよね。

それが、大晦日好調だったから定番となっていったというね。

とまあ、よくこんなに続いているなと感心してしまいます。



笑ってはいけない2019の目撃情報

毎年恒例となっている、ロケ情報のSNS拡散。

やはり大型バスの情報は多く、次いでつくば市立筑波東中学校跡でしょうか。

中学の卒業生や、バスの真後ろを走っていた人からのツイートも見られます。

毎回東京近郊での撮影となっていますが、出くわした人はラッキーですね。

まとめ

笑ってはいけない2019は、高校をテーマに行われますが正式なタイトルは11月下旬に発表となると思われます。

毎年打ち切りがささやかれていますが、他のチャンネルがつまらないというところで生き残っている気がします。

このへんで、マンネリ化した内容に変化をもたらして面白いものを期待したい。



関連コンテンツ



シェアする

フォローする